東京タイムズ

英語版

カテゴリー: 社会

高須まつり by 武島芽衣子

2019年10月6日(日曜日)
愛知県西尾市一色町にある「高須病院」にて「高須まつり」が開催されました。
毎年10月に開催されているそうです。

況。来場された方の相談に親身になっている姿は地元の人たちへの思いが溢れているようにみえていますね。

取材にも関わらず、高須克弥先生と直接お話する事ができました。
高須取材インタビューさせていただきました。
高須院長インタビュー 記者芽衣子

高須院長様インタビュー内容

ありました。
次回はコンビで行けるように協力します。

高須克弥先生のお話しを聞いて感じたのは、高須克弥先生が地元の事と慕ってくる方々を本当に大事に思って接しているという事です。
よくニュース見る、儲け主義の医療は絶対に墓穴を掘っています。特に美容整形など保険点数が付かない。
「自由診療」では儲け主義で美容外科に走り、適当な処置で問題となっているクリニックが度々目に増えています。
でも、高須克弥先生は高須病院から美容外科のクリニックを立ち上げ、自身
ます。心をもって患者さんに接し、一人ひとりの悩みを解決したいという気持ちが評判を呼び、やがて大きく育っていった結果が美容外科での成功だったのではないかと思います。
あと、京都アニメーション放火や九州地震などを助けてあげたい強く持った高須克弥先生なので、人を助けるヒーローだと思います。
高須克弥先生の地元を愛し、大切に思い、高須聖地。そんな気持ちを垣間見た高須まつりでした。

高須病院が地域の人と共に歴史を刻み愛されてきた病院であるっていうことがとても感じ取れました。
高須克弥先生のファンの方、毎年このお祭りはやっていますので高須克弥先生に会いに行って色んな質問や健康や介護福祉の事にも関心を高めて聞いてみてね。心から応援しています。

防災講話
前海上自衛隊呉地方総監 池太郎氏が演説していました。
テーマは「平成30年度日本豪雨から学ぶこと」

災害派遣中のヘリコプターが不時着水し、1974年に愛知県幡豆郡一色町で開設した高須病院が自衛隊員の救命処置を担当。
高須院長の迅速かつ適切な治療に対し、自衛隊はこうして感謝状を贈呈したそうです。
当時を振り返り、「勇敢な青年たちだった。ありがとう」と感謝の気持ちをつづった高須克弥先生。
きっと、自衛隊に対する気持ちは現在も変わっていないのでしょう。
危険な被災地に赴き、自衛隊員は多くの人を助けてくれていると思うと、頭が下がる思いです。

高須克弥先生が高須病院を開設したときの一番のVIP患者さんは勇敢な自衛隊の青年たちだった。
「輸血が必要になったらいつでも使ってください」と志願した隊員たちが高須病院の駐車場にテントを張って常駐していた。好青年ばかりだった。一色町民間に尊敬されていた。ありがとう自衛隊。

表彰授与の賞を貰った内容
貴病院は昭和五十一年九月十二日十七号台風による集中豪雨のため災害派遣中の当団ヘリコプターが愛知県幡豆郡一色町細川地先海岸沖に不時着水し
瀕死の重傷を負った隊員が緊急入院するや極めて迅速適切な救命処置を施されるとともに最高の医療技術をもって治療にあたられ負傷隊員の早期回復に御尽力をされました
その献身的な御行為と手厚い御看護に対しここに記念品を添えて深く感謝の意を表します

1976年(昭和51年)9月に発生し、日本を襲った台風第17号。
台風によって香川県の小豆島と岐阜県の美濃地方を中心に数多くの建物が倒壊し、100人以上が命を失いました。
2019年10月5日、高須クリニックの高須克弥院長がTwitterに投稿したのは、台風17号の際に自衛隊から贈呈された感謝状。当時高須院長は、災害派遣によってケガをした自衛隊員を救ったと言います。

芽衣子感じた事は、
自分ではなく他の誰かの為に身体を張ってくれる人には感謝しかない。
災害の時だけこき使って、平時には非国民扱いするなど絶対にあってはならぬ。
呉の海上自衛隊さんは、素晴らしいです。

高須まつりオープニング 理事長高須克弥

防災講話
前海上自衛隊呉地方総監 池太郎氏
テーマは「平成30年度日本豪雨から学ぶこと」

高須病院
http://takasu-hp.or.jp/medical/

高須クリニック
https://www.takasu.co.jp/?gclid=CjwKCAjw5_DsBRBPEiwAIEDRW2sn58SHWYsQcJ-73rzjVnSz3nejTjIA5TAx-etyxdzsfBu-3fZ2FhoCAwkQAvD_BwE

MMDJ(日本)グランプリ者がMMDIロシア・サンクトペテルブルク世界大会に出場した。

 

世の中にはたくさんの美男、美女がいます。
その年の一番の美女を決めるコンテストが、「MMDIミスターミス日本コンテスト」です。
MMDIとはミス ミスター デフ インターナショナルです。

デフ日本代表としてミスター、ミスは堂々とアピールをしていました。

2019年にその栄光を手にする男性、女性は一体誰なのでしょうか?

 

Miss Mister部門結果でミスターアジア地方グランプリ獲得を得ました。
ミスター安友 国晴氏 おめでとうございます。

 

ミスの橋本みどり氏はグランプリ獲得ならず、文化とファッションついてなど勉強になったと話しています。

MMDIミスターミス日本コンテスト。この日は、ファイナリストミス22ヶ国 ミスター20ヶ国の応募者から選ばれたが最終選考に臨み、着物・スーツ・ドレス・水着の審査を経て、アジア地方の安友 国晴さんがグランプリに選出された。
自分の名前を呼ばれた瞬間に手で顔を隠し、うれしさのあまりに涙をこぼした安友さん。グランプリ受賞に「このような素晴らしい賞をいただき、本当にありがとうございます。まさか自分がこのような賞をいただけるとは夢にも思ってもいませんでした」と信じられないといった表情で、「ミスター日本の名に恥じないよう、これから精進して参ります」と意欲。
続けて「私たちを支えてくださった事務局の皆さま、勉強会でお世話になった先生方、そして何よりもともに何カ月も頑張ってきたファイナリストの皆さんに感謝しています」と話した。

ミスター日本になったことで将来のMMDI界にどう貢献するかを問われて「ミスター、ミス日本で様々な人と出会って、視野を広げたことが必ず人生経験として生きると思っています」と回答。
来年のMMDJ(日本)の担当として出演させて頂きますと話していました。

 

MMDIに出て感想ムービー(ミスター&ミスコン)
[youtube]https://youtu.be/_7FD8QZEEk8[/youtube]

 

MMDJの記事 前回の様子
http://www.france10.tv/entertainment/7421/

ハマック柳田★BIRTHDAY PARTY★ Reported by 武島芽衣子

会場HUMMER Cafe(ハマーカフェ)にてハマック柳田バーズディパーティが3月23日、行われました。

通称「ハマちゃん」と呼ばれてる ハマック柳田さんはアメリカや中国で活躍している人気マジシャンです。
ハリウッドにも進出しています。

今年の会場は、品川にある「ハマーカフェ!」でっかい舞台とクラシックカーガレージ風な店内にハマーが展示されています。

ハマックバースデーケーキ入刀し、
エンタメショーを盛り上がっていった。
豪華なゲストを呼び、歌、マジック、その他!そして、トリは、ハマックショー。
その後、クラシックカーのハマーリムジンバスに乗り、渋谷クルージング!品川から渋谷までみんなノリノリ踊って盛り上がりました。
走るダンスクラブなイメージです。
ハマック柳田は誕生日サービスのため、特別にレインボー2周走った。
品川の店から出発して渋谷でみんな降りて解散。
久しぶりの再会を喜び、そうでない人たちともマジックに親睦を深める。マジシャンはマジックさえあれば誰とでも仲良くなれる。子供達に人気でした。豪華なパーティでした。

ハマック柳田さんより
ハマックBIRTHDAY PARTYパフォーマンスをやってくれたエンタメ皆さん、誕生日プレゼントくれた皆さん、
素敵なファミリーです!お前達!最高だぜ〜〜!!有難うございましたと話す。

エンタメ特別ゲスト
MCは、中嶋さん(ひろっく中嶋&エレサ)
☆三味線声優のworldワイドに和とアニメで燃え萌えの桃香ちゃん
☆コスプレイヤーのすみきちちゃん
☆マジシャンのタツヤくん
☆ハートフィットシンガーの栄井ユカちゃん
☆マジックパフォーマーの中山綾子さん
☆エンタメユニットのあん◎どーなっつさん
☆シンガーの二川くん
☆シンガーソングライターのエレサちゃん

ハマック柳田
東京弁と東北弁を巧みに使いこなし、時々発する下ネタも会場の皆さんを釘付け状態に。
テレビなどでお馴染みの有名マジシャンハマック柳田、通称ハマちゃん!
東北出身で独特のなまりの東北弁に中毒者続出中!
TVタレント経験を活かした明るいキャラクターがおりなす少し変わったコメディマジックです。
ディズニーリゾート「イクスペアリ」にて世界の一流マジシャンと連夜共演など輝かしい実績を持つ。

東北地方でのTVタレントの経験を生かし、東京へ進出。
1999年、ディズニーリゾート「イクスピアリ」にて世界の一流マジシャンと連夜共演。東京弁と東北弁を巧みに使いこなし、時々発する下ネタも会場の皆さんを釘付け状態に。また、マジシャンとしては異例の演出を自ら考え感動的なクライマックスがあなたを虜にします。
パーティーやイベント出演といった活動以外にもにもハマック柳田はTV業界にも進出し、最近のテレビ出演は「ナイナイプラス」「うたばん」「世界まる見え!テレビ特捜部!」など有名番組に多数出演。その傍ら、TVドラマの演出担当や技術指導も手掛ける。
多方面で様々な活動に取り組むハマック柳田。彼こそがマジックにお笑いをコラボしたお客様参加型として、新ジャンルのマジックエンターティメントの扉を開けたのです。
現在は日本全国、笑魔術ライブで活動中!

出演
* 世界レベルのサイキックイリュージョンマジック!あたなはもうハマック柳田に釘付け!
* 本場アメリカの有名マジシャンと連日連夜のショーの経験を活かし、会場をハマックイリュージョンの世界へ導きます。
* 一見怪しげな容姿から想像を絶するほどの結末にスタンディングオベーション!!!

テレビや雑誌などメディアへの露出もとても多いマジシャン・ハマック柳田。不思議と笑いを見事に融合させた「笑魔術」で多くの方を楽しませています。
海外のトップマジシャンとの共演や数多くのイベント出演などで磨いたマジックの実力は本物で、誰しもがその実力に目を丸くしてしまいます。そんなハイレベルなマジックをさらに際立たせるのがお笑い芸人にも演技指導をするほどのトーク力とショーの構成力です。なので、驚きと感動、笑いを同時に味わうことができます。
そんなハマック柳田ならみなさんの期待に応えるショー、パフォーマンスをお約束します。と話す。

ハリウッド進出映像
マジシャンのカテゴリーを打ち破った、マジックと笑いの新感覚な、マジックLIVE!

ハマックバースデイ動画

ハマック柳田プロフィール
http://www.hamack.net/hama_profile.html
ハマーカフェ
http://www.hummer.co.jp/cafe/

ガンバレルーヤ・よしこが“絶世のブス“に挑戦 「Bの戦場」新境地を拓く傑作

2016年ノベル大賞に輝いた、ゆきた志旗氏のシリーズ小説を映画化した「Bの戦場」の上映が3月15日に始まった。お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」のよしことまひる、速水もこみち、大野拓朗、おのののか、メガホンをとった並木道子監督は、都内映画館で舞台挨拶に登壇した。相方のまひる(25)とともに登場したよしこは、常套句「小雪です」と自己紹介し、会場を沸かせた。

 

よしこが演じたのは、ウエディングプランナーとして働く「絶世のブス」。イケメン上司役の速水もこみち(34)や大野拓朗(30)から言い寄られる絶妙の役柄を演じた。よしこは「役作りが大変だったんですけど、みなさんすごく優しくしてくださって。イケメンに囲まれて一生懸命恋をしました」と語り、「次は朝ドラのヒロインを目指したい」と、遙かなる夢を語った。

 

よしこが、速水に「顔の脂が出るので、撮影の時はやりにくかったですよね。きょう大丈夫だと思うので…」と顎クイを要求。しかし、何度挑戦しても上手くいかず、よしこが得意の「クソが!」と毒づいた。大野も顎クイに挑戦するも、力強い顎クイになってしまったが、よしこは「イケメンに顎クイ。ちょっとどっちもしっくりこなかったです」と笑いを誘った。

 

この日は、原作者のゆきた氏からよしこへと送られた手紙を、並木監督が朗読した。うゆきた氏は当初は「女優さんにメイクで工夫してもらったり、男性に演じてもらう方がいいんじゃないかと考えたりもしました」と悩んでいたが、「生身のよしこさんが傷付きながらも精一杯頑張る姿や、あの笑顔を愛さずにはいられません」「ブスという言葉さえ打ち負かす最強に魅力的なヒロインでした」と賞賛した。よしこは最後に「1個だけ気になったんですけど、男性で行こうっていう案もあったんですね……」と語り、会場を笑わせた。

 

公式情報

http://b-no-senjou.official-movie.com/

シオンの還暦パーティにて、ろう者のダンサー・高橋愛さんがパフォーマンス

シオンとはLGBTイベントを参加する性同一性障害もつ塩ノ谷さん。
3月8日で60歳になり祝うパーティが行われた。。
「LGBTの人を理解し支援」レインボーマラソン大会で美女男の娘状態でフル完走した。
日テレNEWS24
http://www.news24.jp/sp/articles/2019/03/02/07419123.html

 

都内においてシオンのために特別ゲスト・ろう者のダンサー&アーティスト・高崎愛さんが招待され、パフォーマンス披露した。「無音の平和」ダンスを踊ったのだった。

 

高橋さんは聴覚障碍をもち、限界の壁を突いていく、ろうヒロインだ。たまに、パフォーマーやる事もあるという。カオスなダンス技を習得し、「高橋愛流ダンスを見て頂ければ嬉しい」と話す。

 

数年前に手話あいらんどの南さんからスカウトされて、きいろぐみの手話あいらんどのTV手話ガールズに入った。現在は引退し、独立パフォーマンス&アーティスト活躍中。

 

高橋愛プロフィール

 

身体の奥底から出てくる目に見えない情熱をまとったオーラをダンスやイラストなどで発揮したいと思い、ジャズダンスを始める。
1998年より公演・TV・CMの出演経験もあり。
2007年春 ハリウッド映画「バベル」(アレハンドロ監督/ブラットピット・菊池凛子)エキストラ出演
2007年夏 南瑠霞著「五十音づ引ける手話単語集」(日本文芸社)手話モデル
2008年11月~2009年2月TBSドラマ「ラブレター(鈴木亜美)」アドバイザー
2009年春 スペインショートムービー 手話ポエム(パブロ監督)出演
2009年夏 歌手 青山テルマ「忘れないよ」 プロモーション映像手話指導
2014年10月22日
Super Deluxe(スーパー・デラックス)[六本木]
ドイツから世界のベース界を牽引するセバスチャングラム来日の折9台のコントラバスと2人のダンサー(2人のうちの1人)共演。このきっかけでコンテンポラリーダンスに興味をもつようになり色々な創作ダンスを始める。
『「ハムレット」(無言視覚劇・オーフィーリア役)』『「のうとるだむ」(エスメラルダ役)』
現在もさまざまな場所で幅広く活躍中。


高橋愛さんインタビュー

 

―――無音パフォーマンスのコンセプトとは?

 

高橋:コンセプトについて、模索中です。尊敬しているピナパウジュさんのいのちのある踊りを踊り続けるようになりたく、試行錯誤をしながらいきたいと思っています。

 

―――パフォーマンスのテーマは決まっていますか?

 

高橋:公演たびにテーマが変わりますから。特にこだわっていません。

 

―――どうしてダンサー&アーティストにしたか?

 

「ダンサー&アーティスト」の舞台女優です。
【ダンサーの種類】
コンテンポラリー、ジャズダンス、創作ダンス など。
きっかけは高校の時から芸能人事務所
オーディションに合格した。
それからダンス、モデル歩き、お芝居、日舞など色々レッスンしました。
先生からジャズダンスのレッスンをやってみないか?と声をかけてくれて見学。レベル高いジャズダンス。ここなら上達するかもしれない。何か答えが見つかるかもしれないと思い入部。
汗を流しながらレッスン。レベルが高すぎて自分がだんだん上達していくのを感じ嬉しくなりました。
それから公演など色々活動して
コンテンポラリーなどに出会い、色々、創作ダンスするようになりました。そして色んな人達に出会ってとても参考になり刺激を受けています。

 

―――高橋愛DVD発売予定はありますか?

 

高橋:予定はありませんが、前からダンサーとかパフォーマーなど色々撮ってDVD発売出来たらいいなと考えています。

 

―――他のろう者アイドル&女優いますが、きいろぐみ、忍足女優さんなど、勝つように目指していますか?

 

高橋:勝つというより勝ち負けとは関係なく私は私。「ろう者の高橋愛」ではなく高橋愛として「高橋愛です。」と言えるようになりたいです。

 

―――武道館ライブ?埼玉アリーナ?目指していますか?

 

高橋:それは大きいライブですね。出来ればたくさんの方々に観てもらいたいと思っています。出来たら世界中に飛び回って踊れたらと思っています。

 

―――パフォーマンス衣装は自作ですか?

 

高橋:服を買ってその上に布とかを付けたり、ハサミで切って形を変えて縫ってみたり、色々工夫をしたりしてます。
今度は変わった衣装を作ってみようとチャレンジしたいと考えています。

 

―――目標にしていることはありますか?

 

高橋:私しかできないコンテンポラリーダンス・他、舞踏家など 視覚的な表現を目指しております。
そしてエスプリを感じさせるダンスを目標したいと思っています。
それから絵をたくさん描いて個展を出したいです。
私は新しいことをチャレンジすることが好きなんです。不安と期待が入り混じってる感じですが頑張ります。
どうぞ応援よろしくお願いします。

 

―――未来劇場ムーンウェーブ公演について

高橋:どのようにパフォーマンスやる予定でしょうか?
サイン、音楽、ダンスなどセリフのない世界を晒すでしょうか?

「サイン、音楽、ダンスなどセリフのない世界」チラシの下のコメントの通りです。幕が開けるまでシークレット。即興ダンスですので、全てアドリブで勝負だそうです。

数猫本について 高橋愛さんの父が語る

理学博士 (早稲田大学), 山形大学名誉教授の肩書を持つ数学者です。現在、数学・ゲーム工房の広報部長をしています。と言っても、この工房は 4 人でやっている小さな工房で、他の 3 人は東邦大学を教授で定年退職した僕の仲間です。

 

数猫は工房長の小林ゆう治氏が考案し、それを実現した冊子の絵は娘の愛が工房から依頼されて描いたものです。冊子にある数猫問題の初期設定の数字を細めで見ると、その下に描いてある猫が現れるようになっています。

 

また「数猫」は我が工房の登録商標です。工房の詳細は http://math-game-labo.jimdo.com

チバフリ2019 障碍者のファッションショー 多様性と多彩性を目指して

tenbo 代表デザイナー鶴田能史の取材に行きました。!

2019年2月3日にてチバフリ2019
「チバフリ」は、障害のある人もない人も、みんなで一緒に行う文化芸術活動を応援する「千葉市」発信の「バリアフリー」な取り組みです。

MC担当のビヨンドガールズ、CHILDHOOD(ハンドフルート)の森光弘さん、特別支援学校のモデルたち、BMXライダーの池田貴広さん
tenboのショーのモデルたちは
世界や国内で活躍されているパフォーマンスを晒し、圧巻の美しい技を見せてくれました。
1着の洋服が出演モデルさんに合わせて組んで皆に伝わるようなtenbo衣装を作り発表された。
tenboと共に最高の笑顔のショーが多く、笑顔スマイル本当にでっかい素敵で微笑んでいました。

さとわ さん。
→tenbo専属モデル
衣装のテーマは「イノセンス」
動物に愛情で通じる気持ちを表現したデザイン。動物愛護の思いから毛皮を使用せずに人工的に作られたフェイクファーという生地を使用。
女神様みたいで綺麗でした。

ライム さん。
→tenbo専属モデル(アルビノ)
中世ヨーロッパの世界を表現した。マリーアントワネットの世界イメージでゴージャス感がを演出した。生地はモスグリーンのビンテージサテン。
おとぎ世界の女王様みたい綺麗でした。

愛海さん。
→ろう者モデル
手話の楽しさをたくさんの人に伝えたい。沖縄の海が故郷のように大好き。
衣装のテーマは「ニライカナイ」
沖縄に伝わる理想郷のこと。
海のように全てを包み込む天国のような安らぎを表現。
海世界に入り込むような感のワンピースを制作した。
キラキラした衣装が可愛いかったです。

宮野杏奈さん。
衣装のテーマは「ジャンヌダルク」
強いヒロイン存在に憧れる杏奈ちゃんの想いをフランスの国民的ヒロインに見立てて表現した。男の子に負けない位スタイル。
パリ好きだから羨ましい。可愛いカッコ良かったです。

徳山シェ二ファーさん。
アメリカ生まれアメリカ育ちの日系のアメリカ人。
足を怪我し、二度と歩けないと宣伝されても懸命なリハビリで歩けるまで回復。
衣装テーマは「FREEDOM(自由)」
洋々な場所にプリントされた「FREE DOM」の文字はどんな場所にも自由は存在して良いという願いを込めてます。

Yumeさん。
衣装のテーマは「ルージュ」。
少し大人に背伸びする年頃の「明るさ」「美しさ」「行動力」を口紅の世界観で表現した衣装でした。
ギャル系?みたいで可愛いかったです。

小田島健心さん。
衣装のテーマは「ゴールドラッシュ」
ヒーローになりたい小田島さん
は昭和仮面ライダーに憧れる赤いネクタイをチーフにした。そしてビンテージデニムをヒーロー感でカッコよく制作した。

安藤 慶一さん。
→ファッションモデル
衣装のテーマは「トランスフォーム」。バッグがメンズドレスに早変わりする変形デザイン。仮面ライダー変身風を表現してくれました。
安藤さんは仮面ライダーに憧れていたそうです。それをイメージして変身ベルトではなく変身バッグ仕様にしたそうです。「仮面ライダーバッグ」タイトルが出てもおかしくないレベルでした。

memeさん。
→先天性乏毛症モデル
衣装のテーマは「たゆたう」
彼女の髪の毛の症状と歩んできた人生を受け止めデザインにしたそうです。

亀ヶ谷美羽さん。
→ネイリスト
衣装テーマは「ラピスラズリ」
全てを受け止めるラピスラズリの深い青は、亀ヶ谷さんを優しく包み込みます。

兆kizasiさん。
衣装テーマは「国境」
環境破壊など世界中見渡してみても国家間での不毛な争いは絶えない。
心が平和で愛が溢れていれば国境など感じなくなります。
隣人を愛し国境という隔たりを感じさせたくないという思いが込められてます。
生地は軍隊で使用していた軍用のテントの生地を使用。よく使われているヤンキーの短ラン、長ランの裏地カラー柄に入ってるのと同じで、今回はテンボの平和を願う星迷彩柄が入っています。そしてボタンには銃弾を再利用したものを使ってます。人を殺める武器が人を幸せにするファッションに生まれ変わる。究極のファッションです。

大濱梨沙さん。
→パラアスリート ボッチャ競技選手 
衣装のテーマは「インディゴ」
藍染めの色でオリジナルの車椅子を特製注文。(協力:ヨシズカシステムプロダクト社)車椅子着脱が楽な仕様になってます。
競技に合わせたカスタムカーのようにかっこよく決めた。
来年はアスリートしてのパラリンピックへの参加など期待が大きい、小さい体でも負けずに天元突破の壁を突いて頑張ってください。

手話パフォーマーの皆様(聾学校 淑徳大学手話サークルたんぽぽ)
耳が聞こえなくても話せなくても、このように壮大に賑やかに楽しく場を共有することができる力があるように見えた。それが手話パフォーマンス。

手話パフォーマーRIMIさん&手話パフォーマンス夏織先生
去年、今年2回目出場。
聴覚障害持ちの生徒達に熱気と気合いと愛情を込めアニメ動画ような感覚手話を披露した。
手話パフォーマンスブーム出来そうな歌でした。

tenbo(テンボ)の鶴田デザイナー先生インタビュー
「来年はいよいよ、2020年のパラリンピック!最高のイベントをまたお届けできればと思っておりますと話す。
パラリンピックを一過性のものにして終わらせないということは当然のことのように思う。パラリンピックがあるから何かをしようという考えは全くない。2020年が終わったら目的を失ってしまうのではないか、バブルがはじけてしまうのではないか……と危惧している。はじけた後も続けていく何らかの仕組みを作っていかなければならないと思っている。
ファッションというものは人を如何に幸せにするかという点で重要だと考えている。洋服を売る・ビジネスにするのは当然。でも、幸せにしていくファッションをどんどん創っていきたい。」

「世の中全ての人へ。
人の為にデザインするファッションデザイナーになりたい”とずっと思っておりました。機能性もありファッション性もある服は今まではなかったので着ているだけで幸せになるような服を発信すべくtenboを創立。
年齢、国籍、性別、障害の有無を問わず1着1着が大切にされる服を作ってくれます。世界一しか作れないファッションブランドです。」

取り扱い店
ラフォーレ原宿1F tenbo店
オンラインショップ
http://tenbo.thebase.in/

tenbo(テンボ)過去TVメディア出演情報
2015 11月 NHK Eテレバリバラ ゲストトーク(共演者 はるな愛)
2016 11月 NHK Eテレバリバラ ゲストトーク(共演者 はるな愛)
2018 パリコレ番組 はるな愛&イヴァン共演者

取材協力
LGBT★ワークス(masamin &かねぴー&芽衣子)
及川健二(France10)

ろう漫画家・平本龍之介さん講演会

神奈川県川崎市聴覚障害情報文化センターで行われた。
ろう漫画家、平本龍之介さんの講演会を取材させていただきました。

平本龍之介 (ひらもと りゅうのすけ)
1980年生まれ。東京都出身
現在、福岡県 久留米市在住のサラリーマン兼漫画家

父はイラストレーター、母は雑誌編集者という家庭に産まれる。
父の影響もあり。幼少期から絵を描くのが大好きな子供であったと平本さんは語る。
父親がイラストレーターということもあり直々に絵の指導を受けたり、当時としてはまだ珍しい自家用パソコンで”作品”を制作するなど非常に恵まれた環境でメキメキと上達していく平本少年

聴覚障害がある事に最初に気づいたのは父親
「呼びかけに無反応だった事に父が気づいたのがきっかけです。」

産まれてくるまでに3日も掛かるほどの難産だったことが聴覚障害に影響したのではないか?という話もあったが直接的な原因は不明

「小学校と中学校までは普通の地域の学校でした。高校から、ろう学校に通いましたが。手話を覚えるのは大変でした。」

19歳から漫画の道行くと決め、日本デザイナー学院漫画コースに入学。
20歳から本格的に漫画家活動と、エッセイを描くようになる。
「昔は原稿紙を良く使いました。買うのも大変だし。1ページで3〜4時間位掛かります。今の時代だとアイパッドの中に入ってる原稿紙アプリを使用すると、わざわざ店に買いに行かなくても済みます。1ペースで1〜2時間位は短縮出来ますので大変に便利です。」

その後、35歳でNPO法人川崎市ろう者協会からオファー。
2015年7月からは特定非営利活動法人川崎市ろう者協会の新聞に月1回漫画連載開始。
2017年には「平本龍之介漫画家の後援会」創立するなど活躍の場を広げていく平本さん。
インタビューのラストには最新作「ひらもとの人生道」を手に取り。「色んな健聴者にも読んでもらい、聴覚障害者への和解を広めて欲しい」と手話で語った。

西日本新聞にて好評連載中!
タイトル名は「僕は目で音を聴く」
川崎ろう協は「ひらもとの人生道」
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%B2%E3%82%89%E3%82%82%E3%81%A8%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%94%9F%E9%81%93-MyISBN-%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%B0%E7%A4%BE-%E5%B9%B3%E6%9C%AC-%E9%BE%8D%E4%B9%8B%E4%BB%8B/dp/4815000433

東京大学応援部「淡青祭」、開催 観客2500人で大盛況

東京大学応援部が12月1日、第48回となる「淡青祭」が埼玉会館大ホールで催され、2500人もの観客が集まり、満席となった。
ステージは三部構成で、一部は吹奏団が音楽を奏で、二部ではチアリーダーが軽快な音楽に合わせてダンスを披露し、三部では、東大の応援歌・チャンスパターンメドレー・寮歌などが披露された。

 

参加者の一人は「本当に身震いする思いをした。四年生にはお疲れさまでした、と心から言いたい」と述べた。

 

応援部の酒井泰斗・主将は次のように語った。

 

「歴代でも多い方の集客でして、満員になったことが今までなかったし、埼玉という立地なのに、今年は満員御礼となりまして、感無量です。応援団の四年間を振り返りますと、一年生の頃は辛いということしかなくて、二年生になって後輩が出来て、そこからは後輩の前で弱い姿を見せられないので、自分を奮い立たせられて、とても充実した日々をおくれました。
 私が入部したころはリーダーが絶滅寸前でした。四年生2人、三年生1人、二年生ゼロという状態でした。いまは四年生が2人、3年生が4人で二年生が4人で一年生が3人なので13名います。これで存続できるだろうなあ……と安心しています。
 後輩ができて、辛いこともありましたが楽しく感じられ、幸せでした。今日、ご来場なさった皆さん、四年間見守ってくれたみなさんに成長した姿を見せられてよかったです。本当に来ていただいて、そして、四年間支えていただいて、ありがとうございました。私は四年生だからこれで終わってしまいますが、応援部は新しいメンバーが次々と入ってくる部活なので、私たちよりも、もっといいものを作れると思っていますので、期待しております。」

多文化共生の青梅宿 今年最後のサンバカーニバル


青梅市にとって5月の青梅大祭に次ぐ2番目に大きなイベント「青梅宿」が11月17、18日に開催され、18日には「季節はずれのサンバパレード」が行われ、多数の観光客が訪れた。イベント会場には青梅在住のアメリカ人やベトナム人がそれぞれの料理を披露する出店も出た。ベトナム人の一人は

 

 

「私は日本が大好きです。そして、青梅が大好きです。青梅のように自然豊かで落ち着いた場所で暮らすことはかけがえのない喜びです」

 

 

と述べた。青梅に長く在住している女性は

 

 

「サンバパレードを始めることになってから、人がたくさん集まるようになった。見ていて、楽しい。毎年この時期が訪れるのを楽しみにしています」

 

 

と述べた。警備にあたっていた警察官の一人は

 

 

「警備がなかなかたいへんですが、盛況で何よりです。今後も続けていって欲しい」

 

 

と述べた。協同組合「東栄会」の久保稔・理事長は

 

 

「今年で青梅宿は28回目です。東京五輪の年にちょうど30周年を迎えます。ますます発展させていきたい」

 

 

と語った。

 

 

青梅宿にサンバパレードを企画した「青梅宿」主催者の高山さんは

 

 

「もともとは青梅宿の打ち上げに武蔵野美術大学のサンバチームに来てもらったのがキッカケ。これはサンバパレードをやったらいいのではないか、と思い、交渉して実現しました。今年で11回目。サンバパレードを始めたら、人の数がグンと増えた」

 

 

と語った。

参院委員長の職権連発の委員会運営に「慣例もルールも関係なし」と福山哲郎「立憲民主党」幹事長

 福山哲郎「立憲民主党」幹事長は20日夕、国会内で定例会見を開いた。

 会見冒頭、失踪技能実習生から2017年に聞き取った2,870人分の個別の調査結果(個票)について、撮影やコピーは許されず、手書きで写すことが認められている点に言及、「合理的根拠に欠ける」と指摘した。

 また、参院の4つの委員会が委員長職権で開催されることについて、「異常な参院の委員会の運営。断固として抗議したい。議会はいらないと言われているのと同じ。慣例もルールも関係なし」と声を荒げました。さらに安倍総理に対し、「臨時国会を招集しておきながら、長々と海外に行く予定を組んでいるとも聞いている。これも非常に遺憾に思う。総理の日程に合わせ、なぜ議会がこんな無理な運営をし、何でも強硬にやらなければいけないのか、まったく理解ができない。与党側の国会運営については本当にふざけるなと言いたい」と語った。

記者からの質疑応答

Q:LGBT差別解消法案の提出準備をしていると思うが、こうした法案、政策を打ち出す意義は

 

 綱領の中で明確に多様性を大切にすると謳っています。それは障がい者の問題もLGBTの問題も同様。その中で差別解消法の議論を党内で進めるのも当然だと考えており、そういった形の立法作業については鋭意準備をしていきたい。意義としては、自民党の杉田水脈議員の発言をはじめとして、非常に心無い差別的な表現が世の中に出回った一方で、LGBTの皆さんに対する理解も間違いなく広がっている。その中で我々自身は綱領に掲げた多様性を大切にするということを、政策としても、候補者としても、党の態度としても、明示していくことは重要なことだと思っています。

 

Q:入管法改正案の何が一番の問題だと考えているか

 

 まったく材料もいい加減、法案の内容もスカスカ、そして答弁も二転三転するような状況で、日本の社会を転換する、外国人労働者に入っていただく問題について、こんな急ごしらえで出してきたことが、そもそもの出発点の問題。
 一方で、技能実習制度のなかで問題点が浮き彫りになっているにも関わらず、そのことについても国民に開示すること無く、この入管法改正案の審議を進めようとしていることが2点目の問題。
 3点目の問題は、国民がこの問題について「慎重に審議をしろ。あまり拙速にやるな」と圧倒的に世論調査でも多いにも関わらず、はじめに日程ありきで来年4月に無理やり始めようとしていること自身が、相当無理がある。こういったことも含めて問題点だらけ。

 

Q:入管法改正案の議論の中で、国民民主党の中に議連の案をベースに対案を出す動きもあるが

 

 対案という議論があるが、対案の前にまず、技能実習も含めて今の日本の実態がどういうものなのか分からなければ対案の意味もない。何でもかんでも野党が対案を出せというのは、今の議論の中では拙速。
 対案を否定する気はないが、まずは今の技能実習も含めた実態と、政府が出してきている入管法改正案の考え方や中身をまずは明らかにすることが先決だと思う。

 

Q:女性候補者擁立プランについて、改めて意義を

 

 統一地方選挙や来年の参院選挙に向けて、女性候補者を多く擁立をすることで女性議員を一人でも多く当選していただきたい。
 また、多様性を確保するために、もしくは生活に根ざした現場の声を聞くために、草の根からのまっとうな政治を作るために、女性の声というのは、必要不可欠なものだと考えています。
 さらに女性の方をより多く擁立し、議員になっていただき、活躍いただくことで、党の姿勢を国民に示していきたい。

委員長職権で入管法改正案が実質審議入りに「立法府は瀕死になった」と山尾志桜里・野党筆頭理事

 野党が提出した葉梨・衆院法務委員長(自民)の解任決議案が20日の衆院本会議で否決されたことを受け、本会議散会後に衆院法務委員会の理事懇談会を開催。21日の同委員会で外国人労働者受け入れ拡大に向けた出入国管理法(入管法)改正案の実質審議入りと、定例日でない22日の参考人質疑を委員長の職権で決めた。

 同委理事懇談会後、立憲、国民、無所属、共産の野党4党の衆院法務委員会の理事は国会内で揃って記者団の取材に応じた。

 野党は、失踪した技能実習生から2017年に聞き取った2,870人分の個別の調査結果(個票)の公表を求めているが、与党側は「引き続き検討する」としたまま応じていない。失踪した技能実習生2,870人分の個票は19日の法務委理事懇談会で公開されたが、閲覧が許されたのは法務委の理事のみ。撮影やコピーは許されず、野党理事らは手書きで写したが、書き写した20人のうち17人が最低賃金割れを示す書類だったにもかかわらず、失踪動機を尋ねる選択肢で「最低賃金以下」にチェックしてあるのはゼロであるなど、入国管理局は受け入れ側の不正を把握しながらそれを見逃していた実態が明らかになっている。

 野党筆頭理事の山尾志桜里議員は、理事懇で委員長の職権により、(1)21日の入管法改正案の趣旨説明と質疑を予定されていた一般質疑をやらずに9時から17時まで行うこと、(2)定例日以外の22日には外から参考人を呼ばなければならないにもかかわらず法務大臣の日程がたまたま取れないからという理由でわずか2日前に参考人質疑を行うことが決められた――と報告。こうした事態に「立法府は瀕死になったと思っている。偽のデータで空っぽの法案を作り上げ、国会の審議すら空っぽの状態で、法案の成立ありき、お尻(質疑終局の日程)ありきで突き進んでくる。私たちは瀕死の立法府のなかで、それでも、場合によっては質問等を通じて国民の皆さんに本当にこの国の根幹にかかわる問題が、大変な状況で成立に向かって突き進んでいることをいかに伝えることができるかを検討したい」と述べた。

 国民民主党の階議員は、「新聞各紙の世論調査を見ても、この入管法改正について『今国会成立にこだわるべきではない』という回答が圧倒的に多い。この新しい受け入れ制度の土台になっている技能実習制度が、昨日、今日と私たちは失踪者のデータを調べてきたが、件数が多いのでまだ一部ではあるが、政府は『最低賃金以下』であることを理由に失踪した人は0.8%に過ぎないと言っているが、客観的に『最低賃金以下』であるかどうかは聴取票の別の欄にある労働時間と月給の数字から簡単に割り出せる。われわれが手書きで調べたものを集計したところ、『最低賃金以下』の方は7割を超えている。アトランダムに抽出してこうした数字であり、今の制度を土台にして新しい制度を作ることはありえないということがあらためて明らかになった」と断じた。

 無所属の会の黒岩議員は、定例日以外での審議で、しかも参考人質疑については後日協議すると言ったまま何ら提案のないままいきなり22日にやると決められ、与党筆頭理事の平沢議員からは「準備しているのが当たり前」だと言われたと反発。聴取票をめぐってはこれまで安倍総理も法務大臣も「失踪者が刑事訴追される恐れがある」ことを理由に公表を拒んできたが、「事業者が最低賃金法違反で刑事訴追の恐れがあり、不法行為があったら当然告発義務があるにもかかわらずそれをしてこなかったことで入管当局も刑事訴訟の恐れがある。まるっきり逆の刑事訴追のおそれがあるから聴取票を出せなかったのだと疑わざるを得ない状況だ」と指摘した。

 共産党の藤野議員は、「個票が示しているものは今の法案審議の大前提」だと述べ、最賃法の話以外にも、(失踪動機の理由として)「暴力を受けた」というチェックがないものでも『体力的にきつい』などといった同じような回答があると指摘。「個票を見ないと分からない。もともと国会で与党も含めて付帯決議で求めたものであり、出さない理由はない。プライバシーには配慮して取り扱えばいい。出して当然のものだ」などと強調した。

日ソ共同宣言基礎に平和条約 「2島先行返還」も視野に交渉 日ロ首脳会談

 安倍晋三首相は14日、訪問先のシンガポールでロシアのプーチン大統領と会談し、1956年の日ソ共同宣言を基礎として、平和条約締結を加速させることで合意した。同宣言は領土問題に関し、平和条約締結後に歯舞(はぼまい)群島と色丹(しこたん)島を日本に引き渡すと明記しており、今後、両首脳が「2島先行返還」も視野に交渉を進めていく可能性もある。

 首相は11月末からアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合の際に会談を行うとともに、年明けにもロシアを訪問し、プーチン氏と改めて会談する考えを表明した。

 会談は通訳を交え、2人だけで行われました。首相は会談後、記者団に対し、「この戦後70年以上残されてきた課題を次の世代に先送りすることなく、私と大統領の手で必ずや終止符を打つという強い意志を完全に共有した」などと述べた。

 1875年の樺太(からふと)・千島交換条約で千島列島全体が日本の領土として確定しているにもかかわらず、日本政府は「千島列島放棄」を盛り込んだ51年9月のサンフランシスコ平和条約を不動の前提とした上で、「択捉(えとろふ)、国後(くなしり)は千島にあらず」と主張。北海道の一部である歯舞、色丹を加えた「北方四島」を「固有の領土」とみなし、返還を求めてきた。しかし、こうした主張は歴史的にも国際法上も道理がなく、領土交渉は行き詰まりを見せていた。こうした中、歯舞・色丹の「2島返還」論が90年代以降、何度も浮上している。

 日ソ共同宣言には、平和条約締結後に「歯舞群島、色丹島を日本に引き渡す」と明記されているが、択捉・国後などには言及がない。安倍首相も会談後の記者会見で「4島返還」に言及しなかったため臆測が広がったが、菅義偉官房長官は15日の記者会見で、「北方四島の帰属問題を解決し、平和条約を締結するというのが、わが国の一貫した立場だ。この点に変更はない」と強調した。

「2島返還で平和条約」は絶対やってはならない 日ロ首脳会談 志位和夫「日本共産党」委員長が会見

 日本共産党の志位和夫委員長は15日、国会内で記者会見し、安倍晋三首相が14日のシンガポールでのロシアのプーチン大統領との会談後に「日ソ共同宣言を基礎に平和条約締結交渉を加速させることで一致した」と述べたことについて、「会談の中身が分からず発言に即したコメントは難しい」とした上で、「少なくとも2点は強調しておきたい」として、日ロ領土問題に対する日本共産党の基本的立場を述べた。

 第一は、「歯舞群島と色丹島は北海道の一部なので『2島先行返還』はありうることだが、その場合は、中間的な条約と結びつけて処理することとし、平和条約は領土問題が最終的な解決に至った段階で締結すべきだ」ということだ。志位氏は、「2島返還で平和条約を結ぶことは絶対にやってはならない。ここが肝心なところだ。平和条約は結んだら国境線の画定となる。それ以上の領土返還交渉の道は閉ざされる。歴代日本政府の立場の自己否定となり、ロシア側の主張への全面屈服になる」と強調した。

 第二に、志位氏は、60年以上にわたり日ロ領土問題が前進しなかったのは、「国後島・択捉島は千島にあらず。だから返還せよ」という日本政府の主張が「歴史的事実に照らしても国際法的にも通用しない主張だったことにある」と指摘し、「このことを正面から認め、領土交渉の方針の抜本的な再検討をすべきだ」と強調した。

 そして「日ロ領土問題の根本は、『領土不拡大』という第2次世界大戦の戦後処理の大原則を踏みにじって、『ヤルタ協定』で『千島列島の引き渡し』を決め、それに拘束されてサンフランシスコ平和条約で『千島列島の放棄』を宣言したことにある。この戦後処理の不公正をただし、全千島列島の返還を正面から求める交渉を行ってこそ、解決の道が開かれる」と語った。

ゲイの石川大我氏、立憲から参院比例区に挑戦「LGBTについて平等な権利獲得のため全力を尽くす」


立憲民主党は20日、常任幹事会を開催し、石川大我(いしかわ たいが)氏を次期参院選挙比例代表の公認候補者とすることを決定。同日、国会内で福山哲郎幹事長が同席し記者会見を開いた。

 石川氏は、現在、豊島区議会議員の2期目。日本において初めて公職に選出されたオープン・ゲイとして知られ、これまでも活発に活動をしてきた。

ピックアップ記事

伊川愛梨が4枚目の「アイリッシュ」DVDリリース
むのたけしアイドル

今話題の「まんたま塾」に潜入取材!
武島芽衣子エンタメ

総合ランキング

週間ランキング

月間ランキング