東京タイムズ

英語版

本誌特別取材班 2021年10月5日

“TIME”誌がメルケル首相を「2015年の人物」”自由世界の宰相”と評価「偉大なるリーダーとしての足跡」

おとぎ話はどこにでもあるものだが、アンゲラ・メルケル首相が幼少期を過ごしたドイツの暗い森から始まるものも多いようだ。
世界で最もパワフルな女性と呼ばれるようになる少女が生まれたのは、北国の太陽に照らされ、高い松の影に覆われた木立の中だった。
彼女の家は3階建てで、急勾配の瓦屋根には半分開いた目の形をした屋根裏窓がありました。下の道には見知らぬ人が歩き、不思議な足取りで歩く住人とすれ違う。苦しそうな叫び声が聞こえてくることもあった。大人にとってヴァルトホフは、メルケル首相の父親が経営するルター派の神学校があり、学生や短期滞在者を受け入れ、知的障害者の住居兼仕事場としても機能している孤立した施設で、英語では「フォレストコート」と呼ばれていた。しかし、アンジェラが到着した時の年齢である3歳の子供にとっては、隣接するテンプリンという町の学校に通うまでは、そこは自分だけの世界であった。東ドイツに住む1,700万人の住民と同じように、自分も要塞の中で生活していることを実感したのだ。

35年間、東ドイツで”囚われの身”

メルケル首相は、人生の最初の35年間は囚われの身となり、時を待った。大人になってからは東ベルリンに住み、1961年に建設されたバリケードの横を走る高架鉄道に乗ったことが、生まれて初めての政治的な記憶として残っているという。1989年にバリケードが崩壊したとき、彼女は東側で必然的に培われた資質、すなわち忍耐、鈍感さ、知的な厳しさ、目立たないが猛烈な推進力を集め、自分の人生だけでなく、歴史の流れをも変えた。
2015年は、統一ドイツの首相として、また地球上で最も繁栄している共同事業である欧州連合(EU)の事実上のリーダーとして、メルケル首相の10年目のスタートの年だった。その年の終わりまでに、メルケル首相は欧州連合を1つだけでなく2つの存亡の危機から救い出した。1つ目の危機は、19カ国が共有する通貨ユーロをめぐってゆっくりと進行していたもので、加盟国の1つであるギリシャのデフォルトによって、すべての国が危機にさらされた。その解決は、ドイツ人の忍耐力を試されるような、独特の遅々としたペースで行われ、それが動詞化された。Merkeling。

難民受け入れを英断

2つ目は、「雷鳴」である。メルケル首相は夏の終わりに、押し寄せる難民や移民にドイツの門戸を開いた。12月末までに合計100万人の亡命者がドイツにやってくると予想されている。12月末までに100万人の亡命者が入国すると予想されている。これは、ヨーロッパを救うと同時に危険にさらす大胆な行動であり、中東を引き裂くような暴力を繰り返さないために、協力して形成された同盟の回復力を試すものだった。この同盟関係は十分に機能していたため、ヨーロッパで最も豊かな国が今、自らの実存的な疑問を投げかけている。よく生きるとはどういうことか?
メルケル首相はその答えを出した。
「多くの地域では、戦争とテロが蔓延しています。多くの地域で戦争やテロが起こり、国家が崩壊しています。多くの地域で戦争とテロが起こり、国家が崩壊しています。このことは何年も前から報道されています。テレビでも見たことがあります。テレビで見たこともあります。しかし、アレッポやモスルで起きていることが、エッセンやシュトゥットガルトにも影響を与えるということを、まだ十分に理解していませんでした。私たちは今、それを直視しなければなりません」。
難民問題への取り組みは、それまで慎重に行動し、ドラマのようなものを避けてきた彼女のキャリアに、大きな変化をもたらすものでした。アナリストたちは、この決断を「型破りな行動」と呼んでいます。しかし、アンゲラ・メルケル首相が「壁」に対してどのように感じているかを考えれば、それは必然的なことだったのかもしれません。

必然ではなく、ただ驚くべきことは、最近の歴史の中で最も寛大で心の広いジェスチャーが、生きている記憶の中で(ヒストリーチャンネルがある限り、その先も)ヨーロッパ大陸を、そして世界を、首相が抑えようとするすべての力(ナショナリズム、ネイティビズム、独善主義、武器への回帰)を恐ろしいほど極端にすることによって、ドイツから開花したということである。障壁が着実に後退している世界で、これほど長く、そして大きな効果を上げて首相を務めた人物はヨーロッパにはいない。それがEUの物語であり、グローバリゼーションの物語でもあるのだ。メルケル首相がマスターした世界には、ヨーロッパの歴史を形成してきた力、つまり、ベッドで安心して物語を聞いている子供が感じるような原始的な力は、微塵も感じられない。
東ドイツでの生活は、ある意味では舞台装置の上で暮らすようなものだった。ドイツ民主共和国は、主権国家を自称していたが、ソビエト圏におけるモスクワの最も近い衛星だった。猜疑心の強い政府は、外見を重視し、何千人もの国民をスパイとして雇っていた。掌に乗せると妙に軽いアルミ製のコインが鋳造され、多くの通りがファサードになっていた。
「私は1981年に6〜9ヶ月間滞在しました。私の印象では、1947年か48年だったと思います」
と語るのは、メルケル首相に敗れた社会民主党員で、メルケル首相の財務大臣を務めたこともあるピア・シュタインブリュックだ。
「ウンター・デン・リンデンの裏手では、すべての建物が破壊されたままでした。壁には弾痕が残っていました」。

東ドイツでも教会は容認 教会で育ったメルケル

エリカ・ベンは、1965年にロシア語を教えるためにライプツィヒの大学からテンプリンに到着したとき、同じように感じた、と言った。中世の町には、14世紀に建てられた教会があり、歴史があった。しかし、無神論を掲げるドイツ民主共和国では、教会はあくまでも容認されていた。
そのため、ヴァルトホーフでの公的な生活は微妙なものでした。メルケル首相の父親であるホルスト・カスナー氏は、3人兄弟の1人目であるアンジェラが生まれたハンブルクを離れ、1957年に一家でこの地に移り住んだ。当時、多くの人々は西欧に向かって移動していた。しかし、ルーテル教会は、ドイツ社会の中で、マルクス・レーニン主義者からも一目置かれる存在であった。東部の小教区は、反体制派のための大使館のような避難所となっていた。しかし、カスナーの場合は、彼が理解していた社会主義への熱意と、国家機構を巧みに操る才能があったので、その状況は緩和されていた。
メルケル首相の元顧問によると、カスナー牧師は、社会活動を避け、イマヌエル・カントなどの近代哲学者の業績と宗教的信念との調和を図る神学派を支持していたことも幸いしたという。幼いアンジェラが育った牧師館での議論は、博識で厳格なものだった。英語教師として教育を受けた母ハーリンドは、言語を教えることを許されなかったという。学校ではフラウ・ベンのもとでロシア語を学んだ。
退職した教師は、スター生徒のファイルを保管している。モノクロの集合写真を取り出して、後列のメルケル首相を指差した。メルケル首相はヘルメットをかぶっていた。
「ベンは、後ろの方にいる女の子という感じでした。彼女はほとんど目立たない存在です。彼女らしいといえばらしいのですが、何とも言えません」。

思春期のメルケルは自分の頭の中で生きていた

思春期のメルケルは、自分の頭の中で生きているようでいて、アウトドアを楽しんでいるようでもあった。身体的に不器用な彼女は、スポーツを避けていたが、学校では優秀な成績を収めながら、友人とキャンプをしてた。年を重ねるごとに、彼女はソ連圏の国民として許される限りの世界を探検した。その結果、若い頃のメルケル首相は、暖かい店の窓ガラスに顔を押し付けるような、やせっぽちの状態になってしまった。
彼女はブルガリアに行き、国境を越えてギリシャの禁断の丘陵地帯を見つめた。西ドイツからのテレビ放送を見て、カリフォルニアに行くことを夢見ていた。メルケル首相は、東ドイツが国民に西欧への渡航を許可する年齢である60歳になるまで、カリフォルニアに行くことができないことを理解していた。しかし、彼女はそのための計画を立て始めた。辛抱することは、東側での生活の教訓であり、現実主義でもあった。

「7歳で壁が建設されるのを見た」

メルケル首相は、2月にミュンヘンで開催された安全保障会議で、「私はドイツ民主共和国で育ちました」
と語った。この会議では、ロシアのプーチン大統領のウクライナ侵攻に対して、メルケル首相が先頭に立って行った経済的圧力ではなく、軍事力で対応するよう求める声が飛び交いました。
「7歳の子供だった私は、壁が建設されるのを見ました。それが国際法に著しく違反していたとしても、当時は誰も、ドイツ民主共和国や東欧圏全体の市民をその結果から守るために、軍事介入すべきだとは考えませんでした。私はそれを気にしていません。なぜなら、私はこのことを理解しているし、これが成功につながらないという現実的な評価だったからです」。
メルケル首相はロングゲームをしているのだ。彼女はキャリアとして、共産主義者が神の代わりに崇拝した分野、すなわち科学の道を抜け目なく選んだ。彼女はライプチヒ大学で物理学を学び、同じく科学者のウルリッヒ・メルケルと結婚した。彼女は5年後に結婚を解消したが、同棲を経て現在の夫である量子化学者のヨアヒム・ザウアーと結婚した後も、彼の名前は残していた。
それ以上に、彼女は量子化学の博士号を取得する過程で学んだ科学的探究心、すなわち知的勤勉さと最も信頼できるデータの探求心を持ち続けていた。それに加えて、持ち前の果てしない好奇心が、政治家としては珍しいほどの探究心を生んだのだ。メルケル首相は、国民の誰もがシュタージの情報提供者である可能性がある国(ドイツ民主共和国の治安機関には27万4,000人のエージェントがいた)で磨かれた生存本能や、安全なときにだけ現れる信念を隠すための慎重さも持ち合わせていた。しかし、それは実際に生まれた。

 

「物事には時間がかかるという経験をした」

彼女はミュンヘンの聴衆に向かって、
「私たちは常に、物事には時間がかかるという経験をしてきましたが、私たちの原則が最終的には勝つということを100%確信しています」
と語った。
「当時、冷戦がどのように終結するかは誰にもわかりませんでしたが、終結しました。これは私たちの生きた経験の中にあるものです…私たちが時としてどれほど気弱で、どれほど早く勇気を失ってしまうのか、私は驚いています」。

ベルリンの壁が壊れた日のメルケル

1989年11月9日、ベルリンの壁が崩壊した日、メルケル首相は木曜日の夜にいつものように友人とサウナに入ろうとしていました。メルケル首相は、いつものように汗を流した後、西ベルリンの街に繰り出した。彼女はあるアパートに立ち寄り、そこにいた人たちと話をしてビールを飲んだ。そのビールのラベルは見慣れないものだった。そして、人のいない場所に戻って、人生を変えた。彼女が35歳の時のことである。
オーストリアとドイツを隔てる明白な自然の境界線はない。バイエルン州の雪山は、オーストリアの雪山によく似ている。一方の国のキーファースフェルデンからもう一方の国のクフスタインまでの2車線のハイウェイは、メリーランド州からペンシルバニア州までの移動よりもスムーズで、路面さえも変化しない。自分がどこの国にいるのか、現地の人に聞かないとわからないくらいだ。

第二次世界大戦というドイツの苦悩

この不確実性は、現代の大いなる勝利のひとつである。この70年の間に、ヨーロッパでは国境をなくすか、少なくとも無害化するための最高の努力がなされてきた。この努力は欧州連合(EU)として知られている。EUには28カ国が加盟していますが、はっきり言ってつまらない。しかし、それが全体のアイデアなのだ。特にアメリカ人は、教科書でしか知らないし、筆記試験の前にしか思い出せないからだ。「ヨーロッパの戦争1648-1789 ノーマン・デイヴィスの『Europe.A History』」の付録IIIには、2ページにわたって「Europe’s Wars, 1648-1789: A Selection」が掲載されている。しかし、誰もが知っている第二次世界大戦。

しかし、誰もが知っている第二次世界大戦は、多くの人にとってドイツを定義する大災害であり、特にナチスが無条件の悪の代役として世界の大衆文化の定番となっているからである。この戦争では、世界中で少なくとも5,000万人の命が奪われ、そのほとんどが民間人であった。そして、このようなことが二度と起こらないようにするために、国連から国際通貨基金に至るまで、多くの国際機関が設立された。戦後、フランスとドイツの指導者たちが「欧州石炭鉄鋼共同体」を設立したのである。戦後、フランスとドイツの指導者たちが欧州石炭鉄鋼共同体を設立し、拡大するにつれ、さらに色が薄くなっていった。1991年に欧州連合と呼ばれるまでに、超国家的な組織はすべての色を洗い流してしまった。各国は主権の一部をEUに委ね、その代わりに共通の市場へのアクセスとヨーロッパ人としての包括的なアイデンティティを得た。一連の条約に基づいて設立されたE.U.は、皮肉屋に言わせれば、主に終わりのない会議とほぼ終わりのない規制の連続として存在している。

EUがノーベル平和賞を受賞

その一方で、70年もの間、どの加盟国も他の加盟国に対して一度も声を上げたことがないというのは、現代の記録だ。2012年、E.U.はノーベル平和賞を受賞した。2012年、EUはノーベル平和賞を受賞したが、金メダルを受け取ったのは、実際にEUを運営していたわけではない3人の役員だった。それまでに、その責任は多かれ少なかれ、メルケル首相に引き継がれていた。
メルケル首相は、ドイツの首相であり、ドイツはEUの中で最も人口が多く、繁栄している国であり、EUは利益の多いクラブになっていた。グローバル化によって規模の拡大と標準化が進み、特に旧東欧圏の国々にとっては、EU加盟は繁栄への切符となった。ドイツの製造業は、近隣の貧しい国に委託した労働力と協力して、ヨーロッパで最も健全で世界第4位の輸出経済を築いた。

障壁を取り除き、民主主義を普及させる使命

しかし、メルケル首相はこの仕事に向いていた。障壁を取り除き、民主主義を普及させるというEUの使命は、メルケル首相の使命でもあった。また、彼女が研究室から持ち込んだゆっくりとした忍耐強いスタイルは、コンセンサスによる意思決定を推奨するE.U.の使命と一致していました。2010年に始まったユーロ危機を乗り切るには、彼女は最適な人物のように見えました。その頃、彼女はヒトラーの口ひげをつけて風刺され、ドイツ人はMerkelingという言葉を作っていた。
問題はギリシャだった。世界に民主主義をもたらした国が、世界に頭痛の種を提供していたのである。アテネは破産し、到底払えないような借金を抱えていた。この国がまだ独自の通貨を持っていれば、少なくとも通貨を増刷して問題を薄めることができたかもしれない。しかし、他のEU諸国18カ国と同様に、ギリシャも自国通貨のドラクマをユーロに交換してしまったため、借金を返すには近隣諸国にユーロの増刷をお願いするしかない。メルケル首相は、東ドイツの教訓を生かしてレジに立っていた。東ドイツでは、壁の崩壊に続いて経済の崩壊が起こった。壁の崩壊が幸福感をもたらしたのと同じくらいトラウマ的な出来事だったが、それを経験したのは東ドイツ人の間で「オッシー」と呼ばれていた人たちだけだった。しかも、そのきっかけは共通通貨であった。西ドイツのドイチェ・マルクが突然東側に導入されたことで、工場は閉鎖され、メルケル首相を含む何百万人もの人々が職を失った。

「私は経済破綻を経験した国の出身です」

「私は経済破綻を経験した国の出身です」
とメルケル首相は2012年に記者団に語っている。ギリシャの債務について
「持続的かつ長期的な視野に立って削減しなければ、ヨーロッパは単に、世界が耳を傾け、人々の注目を集めるような繁栄した大陸ではなくなってしまうでしょう」
と述べた。
ギリシャ、ポルトガル、アイルランド、そして一時的にはイタリアにも影響が及んだが、何と言ってもギリシャであった。メルケル首相は、持っていないお金を使ってしまった太陽のような地中海沿岸の国々に緊縮財政を説いた唯一の北欧人ではなかった。しかし、ヨーロッパの銀行家の顔となったのはメルケル首相であり、ここでは女帝として、ここではストームトルーパーとして風刺された。危機は何年も続き、メルケル首相のイメージは、「ギリシャが浪費癖を直さなければ救済しない」という彼女の立場と同様に定着していった。
それは、通貨が各国を経済的に結びつけても、並行する政治機構が存在しないことだった。メルケル首相はこの問題を指摘し、長期にわたる条約の再交渉を通じて最終的に解決しようとした。しかし、当面の政治的な問題は、ギリシャの市民文化にあった。金持ちは税金を逃れ、政府は贅沢な支出をする。ギリシャ人は暴動を起こし、政府は崩壊した。しかし、結局、メルケル首相のEUに逆らおうとしていた指導者たちは、引き下がるしかなかった。ユーロ圏から追放されるか、年金や公共サービスを削る緊縮財政を受け入れるかのどちらかだった。この騒動により、メルケル首相はヨーロッパのリーダーとしての地位を確立したが、その地位は冷ややかなものであった。
「私が厳しすぎると思うと、彼らは私のことを “リトル・アンゲラ・メルケル “と呼ぶんですよ」と、アンジェラ・クリンバイルは、彼女が会計責任者を務めるベルリンの会社の同僚について語る。東ベルリンの中心地であったアレクサンダー広場の屋外カフェで飲んでいたカプチーノの残りを見ながら、クリンバイルは不機嫌そうに笑っている。アレクサンダー広場は、かつての東ベルリンの中心地であり、現在では、メルケル首相のような東ドイツ人に資本主義の魅力を伝えるために意図的に作られたショッピングストリートであるクアフュルステンダムに勝るとも劣らない小売店の殿堂である。メルケル首相は、買い物かごから買い物かごへと「オオヤマネコのように」移動して、誰が行列を作っている店から出てきたかを確認したことを思い出します。歯ブラシや下着などは特に貴重なものでした。

ローマ教皇が「存在」と「無」について厳しく指摘

しかし、消費者天国での生活には、現代的な疑問がある。どれだけ買い物ができるのか?2014年12月、教皇フランシスコはストラスブールに赴き、曖昧な機関のひとつである欧州議会に対して、「存在」と「無」について厳しく指摘した。教皇は、ヨーロッパを「やや高齢でやつれている」と見なす世界の中で、ヨーロッパを「ますます主人公ではなくなっている」と呼んだ。ローマ法王はこう言った。
「かつてヨーロッパを鼓舞した偉大なアイデアは、その魅力を失い、ただその機関の官僚的な技術性に取って代わられているように見える」
教皇は、ヨーロッパの指導者たちが統一性と画一性を混同し、”民主主義の現実と新しい政治的名目主義 “を混同していると非難した。

「ユーロが失敗すれば、ヨーロッパも失敗する」

「ユーロが失敗すれば、ヨーロッパも失敗する」と、ユーロ危機を実存的な言葉で表現したのはメルケル首相だったが、それはユーロ統合が根本的にはお金だけの問題だったということだろうか。メルケルがよく言うのは、オジサンたちはほとんど何も与えられずに一生懸命働いた後には、一生懸命働くことと引き換えにきちんとした生活を手に入れることができるかどうかが、イデオロギー間の競争において重要であることを知っているということだ。しかし、それは冷淡であることとは違う。ユーロ危機が一段落したばかりの7月16日、メルケル首相が学生たちとの会合に現れたとき、ドイツとその首相の両方につきまとった評判はそうだった。7月16日、ユーロ危機が終息しつつあるドイツで、メルケル首相が学生との懇談会に登場したときのことだ。「Living Well in Germany」というテレビ討論会で、リームという少女が手を挙げ、家族がパレスチナ難民で、レバノンへの強制送還に直面していることを説明した。

パレスチナ難民の14歳少女の話を聞いて

14歳の少女は、流暢なドイツ語で
「ここにいられるかどうかわからない限り、私の将来はどうなるかわかりません。勉強したいんです。他の人が人生を楽しんでいるのに、自分は一緒に楽しむことができないのを見るのは、本当につらい」。
理事長は驚きの表情を浮かべた。”わかりました。”と彼女は言い始めた。その場をしのぐこともできたし、家族のファイルを見てもらうこともできた。しかし、メルケル首相は別の方法を取った。メルケル首相は、
「政治が難しいこともあります」
と少女に伝えたのである。
「あなたはとてもいい人ですが、レバノンのパレスチナ難民キャンプには何千何万という人々がいることを知っていますか。『みんな来ていいよ』『アフリカから来ていいよ』『みんな来ていいよ』と言っても、それはどうにもならないのです」。
メルケル首相は、少女が泣いていたので、しばらくして話を切り上げた。”Oh Gott,” 彼女は部屋を横切って呟いた。”私は彼女を慰めたい。” しかし、少女は泣き止まず、その映像は拡散していった。

36歳でドイツ連邦共和国の大臣に

壁が崩壊したとき35歳だったメルケル首相は、36歳でドイツ連邦共和国の第一次政権の大臣に就任しました。東欧諸国が数週間のうちに共産主義政権を脱却したように、冷戦終結後の活気に満ちた日々は、すべてが急速に進んだ。しかし、当時の基準から見ても、メルケル首相の変身は、石から剣を抜いたような、物語的な質の高いものだった。
シュタージの厳しい目から解放されたことで、ヴァルトホーフの静かな政治的家庭はオープンに参加できるようになった。メルケル首相は、分断されたドイツで最初(最後)の選挙に立候補する東ドイツの新党「民主的覚醒」のベルリン事務所に行った。「覚醒」の姉妹政党である西ドイツの「キリスト教民主同盟」の幹部の口利きで、東ドイツの首相に選ばれた人物の副報道官を務めることになったのである。
覚醒の姉妹政党であるキリスト教民主同盟の関係者からのそっとした一言である。メルケル首相の母親は、ダンツィグで政治家をしていたこともあり、中道左派の社会民主党で地方選挙を勝ち抜いていた。ベン氏によると、父親は2011年に亡くなる前、環境保護を重視する左派の緑の党に所属していた。キリスト教民主党は中道右派で、カトリック系、文化的にも保守的で、ボーイズクラブのような存在でした。メルケル首相は、東欧圏出身でプロテスタントと離婚し、恋人と同棲していたが、彼らを選ぶことで、四半世紀後のドイツ社会が、より堅苦しくなく、よりリベラルで、より自分自身に馴染んだものになるという潮目の変化を予見したのである。

ヘルムート=コールに弟子入り

しかし、当時は、この選択がメルケル首相の野心を物語っていた。CDUが政権を握っていたこともあり、当時のドイツ首相であるヘルムート・コール氏の紹介を受けたメルケル氏は、自分の政治的なメンターとして期待していた。コール党は、ドイツの最北部、バルト海に突き出た半島の選挙区にメルケル首相を候補者として立てた。写真では、デニムのスカートに襟のないシャツを着て、ひげを生やした漁師たちと小屋でブランデーを飲みながら、小売店での政治の感触を確かめているような、少し迷いのある姿が写っている。

憧れのカルフォルニアで悔し涙

統一選挙でCDUが勝利すると、コールはメルケルを女性・青年担当大臣として内閣に入れた。その年の暮れ、メルケル首相は念願のカリフォルニアを訪問し、ホワイトハウスにも足を運んだ。ソ連に立ち向かった少女時代のヒーロー、ロナルド・レーガンと握手を交わしたのだ。しかし、彼女の夢が叶ったとしても、それには代償があった。彼女は「コールズ・ガール」と呼ばれ、代表団に東洋の異国の生物として目玉商品のように紹介されたのだ。メルケル首相は歯がゆい思いをして、自分の好きな背景に引きこもった。その一方で、彼女は自分の言葉で認められることを望み、初めてのイスラエル訪問で軽視されたと感じて悔し涙を流した。伝記作家のシュテファン・コーネリアスによれば、「メルケルは政治家としてのキャリアの初期によく見せた弱点」だという。
○「メルケル見栄っ張りではない」
ドイツの著名な写真家であるヘルリンデ・コールブル氏は、1991年にメルケル首相を含む15人の新進気鋭の政治家のポートレートを撮り始めましたが、「彼女が不器用で恥ずかしがり屋だったとしても、最初から彼女のエネルギーとパワーを感じることができた」と語っています。この写真家は、1991年からメルケル首相を含む15人の新進気鋭の政治家のポートレートを撮り始め、毎年撮り直して『Traces of Power』という写真集を出版した。政治家たちの協力を得ることは問題ではなかった。「彼らは好きなんです。彼らは写真や映像を撮られるのが好きなのです」とKoelblは言う。「メルケル首相はそんなことはありません。彼女は見栄っ張りではありません。虚栄心は、ワーグナーを知っている人なら、誰にとってもアキレス腱だと思います。それが、彼女がある意味で守られていた一つの方法なのです。そして今も守られている。」

ドイツの男性政治家は過小評価

ドイツの男性政治家たちは、メルケル首相を過小評価するという過ちを最初に犯した。社会民主党を率いて1998年から2005年まで首相を務めたゲアハルト・シュレーダーは、1994年にCDUが再選された後に就任した環境大臣としてのメルケルを「哀れな人」と公式に呼んだこともあった。次に会ったとき、彼女はコールブルに「私にしてくれたように、彼を隅に追いやるわ」と言った。「私にはまだ時間が必要ですが、いつかその時が来ます。私はもう前を向いています」。
メルケル首相の環境大臣としての実績は、決して悪いものではなかった。メルケル首相は、ベルリンで開催された2回目の気候変動に関する主要な国際会議を取り仕切り、温室効果ガスの排出削減を初めて約束して終了しました。しかし、これこそがメルケル首相の仕事であり、システムを働かせ、忍耐強く、コンセンサスを求めることである。しかし、この10年間、彼女の袖の中に消えていったナイフの刃の閃きには勝てない。
彼女が最終的にシュレーダーを追い込んだとき、彼はそれを知らないように見えたし、彼女も知らないふりをしていた。2005年の選挙の夜、シュレーダー氏の政党もメルケル氏の政党も過半数を獲得していなかった。しかし、シュレーダーは、ドイツの伝統的なテレビ番組である「エレファント・ラウンド」という候補者が集まって選挙結果を分析する場で、長々と結果を「男前」に語っていた。シュレーダー氏は、「他に政権を作れる人はいない」と叫んで黙っていなかった。メルケル首相は無表情で見守っていた。そして2カ月後、メルケルは首相に就任した。

コール首相の辞任を公然と要求

メルケル首相は、1999年12月に選挙資金スキャンダルに巻き込まれたコール首相の辞任を公然と要求し、自分の師匠であり後援者であったコール首相を追い出した。彼女は8年間コール氏に仕え、さらに1年間野党にいたが、彼の任期が終わったことを簡単に発表した。「彼女は勝てない戦いには手を出さない」とコーネリアス氏は言う。「彼女の邪魔をした人たちの例がいくつかあるが、それらは棺桶の中に眠っている」。

国民から「ママ(Mutti)」と慕われるメルケル

しかし、ドイツ人は彼女をママと呼ぶ。ドイツ語ではMutti(ムッティ)と呼ばれ、メルケル首相が就任してからの10年間に蓄積された、大切にされているという感覚を呼び起こす、より居心地の良い言葉だ。メルケル首相が就任してから、ドイツは着実に豊かになった。これは、前任者が行った改革のおかげでもあるが、世界的な不況を乗り切るための確かな手腕のおかげでもある。ドイツはフランスを抜いてヨーロッパの主要経済国の中で最も競争力のある国となり、中国をはじめとする大陸外の貿易相手を見つけた。
しかし、批判的な人たちは、彼女が世論誘導型の政治を行い、政策の限界を試すために慎重に行動していると訴えている。シュピーゲル誌によると、彼女の首相官邸は4年間で600以上の調査を依頼したという。ジャーマン・マーシャル・ファンドの上級研究員であるハンス・クンドナーニ氏は、「世論の支持を得るまで待つというのは、おかしな種類の大胆さだ」と言う。ライバルたちは、その慎重さを、彼女の最初の国政選挙が髪の毛一本分の近さだったからだと考えている。しかし、慎重さは生まれたときから彼女の名刺のようなものでした。元財務大臣のシュタインブリュック氏は、「彼女は非常に慎重に行動しますが、それはドイツ民主共和国で育ったからだと思います」と言う。メルケル首相はかつて、学校では教室の後ろの方ではなく、真ん中に座るのが好きだったと語っていましたが、それは「全体を見渡すのが好きだから」だそうです。

仕事に一筋な真摯な姿勢

後ろは船の船長が座る場所でもある。メルケル首相は、他の人の目を気にせず、必要に応じて進路を修正できる自由さが好きなのだ。彼女のやり方は、問題を基礎から研究し、データを吸い上げて、延々と質問を続けることだ。「彼女は閣僚とは思えないほど詳細な情報を知っています」と、コール内閣でメルケル首相のそばにいたマティアス・ウィスマン氏は言う。ドイツ版ホワイトハウスともいうべき、博物館と見まごうばかりの明るく広々とした空間で、メルケル首相の7階の執務室の一番奥にある巨大な机は、ほとんどが飾りである。メルケル首相の7階のオフィスの一番奥にある巨大な机は、ほとんどが装飾品である。メルケル首相は、外国の指導者に電話をかけることが多いが、それに加えて、儀式的なイベントにも使う。それ以外の時間は、ドアの近くに置かれた長い会議テーブルで仕事をしている。勉強して方針を決めても、それを発表することはない。公開されない地図の上を一歩一歩進んでいくような自由さを好むのだ。「彼女は計画があるとは言うが、それが何であるかは誰にも言わない」とSteinbrückは言う。
メルケル首相の実践的なアプローチは、ユーロ危機の際に多くの人が指摘したように、雑草の中で迷子になるという危険性を常にはらんでいる。しかし、メルケル首相には、高いところから世界を見渡し、まだ他の人が気づいていない危険を集中的に探し出したという実績がある。ミュンヘンで開催された安全保障会議では、質問者のほとんどが、プーチンが侵攻したウクライナ共和国に武器を送る代わりに、プーチンのロシアに対する経済制裁を支持する理由を知りたがった。「フレデリック・ザ・グレートは、武器のない外交は楽器のない音楽のようなものだと言った」と、英国の元国防大臣が指摘し、拍手喝采を浴びた。

 

プーチンにイジメられた経験

メルケル首相は、プーチンのいじめを直感的に知っている。2007年、黒海の邸宅を訪問した際、写真撮影のためにドアを開け、コニという名の巨大なラブラドールを招き入れたことがある。メルケル首相は犬が苦手なことで知られているが、その犬が自分の周りを嗅ぎまわるのを苦しそうに見つめていた。カメラの音が鳴り響き、隣の椅子からはプーチンが満面の笑みを浮かべて足を広げて見ていた。しかし、彼女は撮られることを拒んだ。

オバマとの距離を縮める

メルケル首相の分析的で頭脳的な統治方法は、2008年にオバマ大統領が選挙演説を行った際に、ベルリンの歴史的建造物であるブランデンブルク門での演説を拒否したことで、オバマ大統領との距離を縮めました。彼女がハンドバッグに入れているスマートフォンを米国が盗聴していたことをエドワード・スノーデンが暴露した後も、2人の関係は年々着実に温められてきた。
それは、たとえ正しい対応に同意しなくても、危機に対する反応が似ていること、つまり頑固なまでの合理主義であることを二人が発見したからかもしれない。オバマ大統領は、メルケル首相の難民問題に対する姿勢を「勇気ある行動」と称賛しました。しかし、ギリシャの債務問題については、オバマ大統領とその側近たちは、あまり乗り気ではなかった。この問題は、オバマ大統領が7月にメルケル首相とギリシャのアレクシス・チプラス党首に電話をかけ、合意を求めて介入するきっかけとなった。メルケル首相は、米国との同盟関係がドイツの外交政策の要であると考えている。

オバマ大統領の国家安全保障顧問であるスーザン・ライス氏は、「メルケル首相は、難民問題において、政治的コストがかかるにもかかわらず、弱い立場の移民を受け入れるなど、特に大胆な道徳的・実践的なリーダーシップを発揮しています」と述べている。オバマ大統領の国家安全保障顧問であるスーザン・ライス氏は、「大統領はメルケル首相を良き友人であり、最も親密で信頼できる国際パートナーの一人として評価しています」と述べている。

選挙のたびに議席を伸ばした

メルケル首相が国民の信頼を得ているのは、選挙の時もその間も、世論調査から判断できる。メルケル首相は選挙のたびに議席数を増やし、3期目を獲得した2013年には議席数が50%近くに達した。「当初、彼女は弱いと言われていました。『彼女はポジションを取るのが好きではない。彼女はとても遅い』。そんな風にね。しかし、それが彼女のやり方なのです」とベルリン・ポリシー・ジャーナルの編集者であるシルケ・テンペルは言う。
ドナルド・トランプやバラク・オバマの時代にはありえないことだが、その当たり障りのないところが財産なのだ。写真家のKoelbl氏は、「政治は才能です」と言う。「しかし、ドイツでは違います。私たちはパフォーマーがあまり好きではありません。アメリカでは、『私は素晴らしい。私は素晴らしい。私はこれをやりました』と言います。ドイツではこのようなことはありません」。

カリスマ的指導者にヒトラーを見いだすドイツの国民性

それには歴史的な背景も関係しています。ドイツマーシャル基金のクンドナーニ氏は、「ドイツ人の多くが、オバマ大統領について話した後、ヒトラーを持ち出すのを聞いたことがあります」と言う。「ドイツ人はカリスマ的なリーダーシップを心配しています。もう一つは、きっと話し手自身の特別な資質です。メルケル首相は以前、演壇で両手をどう動かしていいかわからず、そわそわしていました。しかし、スポックのように指先をくっつけて楽な姿勢をとることができるようになると、それが特徴となりました。メルケルの『ひし形』または『ラウテ』は、顔文字『<>-』やフラッシュモブに影響を与え、2013年のCDUのキャンペーン広告では、2,150人の支持者が『ドイツの未来は良い手で』と誓うためにこのポーズをとっています。」

レトリックを上手く用いる稀有の才能

しかし、彼女自身の説明によると、彼女はまだ演説をすることができない。「メルケル首相には、非常に明確で直接的な考えを簡潔なレトリックに置き換えることができる稀有な才能がある」とテンペル氏は指摘する。「通常はその逆です。しかし、彼女は自分の言うことを本当に理解しているのです」。そして教会では、彼女が実際に雄弁になることに人々は気づいている。11月23日、96歳で亡くなった大ざっぱな元首相、ヘルムート・シュミットへの弔辞は、その力強さで際立っていた。多くの聴衆は、彼女が故人と同じように自分のことを話していると信じていたからだ。

シュミット元首相を追悼した名演説

「私たちは彼を信頼していました」と彼女は言った。「私たちは彼を信頼していました。彼が状況をコントロールし、うまく処理してくれると信じていました…ヘルムート・シュミットが正しいと確信したならば、彼はそれを実行しました…彼は堅実でした…彼は行動することを厭わず、考え抜かれ、理性を吹き込まれた後にのみ、決断が熟すと確信していました…彼の首相職の偉大さは、彼の統治の知恵と一貫性にありました。そして何よりも、彼は最高の代償を払うことを厭わなかった。彼は常に失敗のリスクを行動に織り込んでいたからだ。」


ヒラリー=クリントンと対照的なファッション

Koelbl氏が1991年から撮り続けている公の顔は、「彼女の仮面」だと写真家は言います。前髪のある死んだような表情は、フォトショップで吸血鬼や修道女に加工され、コミックのネタにもなります。彼女の服装は、色のついたブレザーに黒のパンツと、同じように予測できるものだ。11月22日、就任から10年を迎えた日、日刊紙Die Weltは、毎年恒例の新年の挨拶から10枚の写真をモンタージュして一面に掲載した。10枚のフレーム、同じ服。ヒラリー・クリントンが米国務長官だった頃、メルケル首相はドイツの新聞に掲載された、ブレザーと黒のスラックスを着た二人の写真を額に入れてプレゼントしたが、その写真は二人とも手を前に組んでいるが、頭は切り取られている。アンゲラ・メルケル?ヒラリー・クリントンか?との見出しである。

プライベートでは愉快で快活

同僚や訪問者の話によると、メルケル首相は公の場では堅実であるが、プライベートでは愉快な人物だという。機嫌が良ければ、他の公人を風刺して破壊的な効果を発揮し、会話の端緒を見つけては、自分を犠牲にしてでも、他人を犠牲にしてでも、鋭いジョークを言うのである。大げさな男性は得意です。1期目の時、フランスのサルコジ大統領(当時)がトゥールーズの観衆に向かって身振り手振りで「人々が喜んでいる」と発言したとき、メルケル首相は「ニコラ、あなたに比べれば私は省エネランプだと思うわ」と辛口で言った。
1991年から彼女を知る元大使のロバート・キミット氏は、「彼女と一緒に過ごした時間のほとんどは、彼女が微笑んでいると思います」と語る。選ばれた記者たちは、海外出張の際にエアバスA319のサロンに呼ばれたり、時折首相官邸で行われる少人数のブリーフィングで、メルケル首相の遊び心や辛辣な一面を見ることができます。しかし、これらの場は厳密にオフレコであり、誰も逆らうことはできない。

息子ブッシュのイタズラ

しかし、彼女との密室セッションを終えた各国首脳の行動には、その片鱗が見えることがある。サルコジはナルシストからユーロのウィングマンになった。ジョージ・W・ブッシュがG8サミットで彼女の後ろから忍び寄り、首を揉もうとしたことは有名である。彼女は握りしめて彼を振り払い、振り返って笑顔で登場しました。メルケル首相は、現フランス大統領のフランソワ・オランド氏の肩に頭を乗せているように見える写真がある。
「扉の向こうでは、彼女はとても説得力があると思います。彼女はとても賢く、とても速く、与えられた情報を拾い上げます」とSteinbrückは言います。「彼女は信頼できる。あなたが何か結論を出すと、彼女は必ずその結論にこだわるでしょう」。しかし、彼女は情報の管理を非常に厳しくしており、すべての事柄について絶対的な秘密保持が必要であることを強調している。「それを破ったら、二度とチャンスはない」とシュタインブリュックは言う。メルケル首相の首相官邸は、彼女と同じように非常に厳格な組織である。メルケル首相の側近は、6〜7人の重要な補佐官で構成される「結び目」のようなもので、そのうち2人は10年間ずっとメルケル首相に仕えているという。

身振り手振りに自信が出てきた

1990年代半ば、メルケル首相はコールブル氏に政界を去ることを考えていると話していた。メルケル首相は1990年代半ば、ケルブル氏に政界を去ることを考えていると伝えた。
「彼女は『空っぽにされたくない』と思っていました。 数年後、彼女は化粧をしてポートレートを撮るようになった。身振り手振りにも自信がみなぎっていた。振り返ってみると、この変化は彼女が首相に立候補した時期と重なっていた」
とKoelbl氏は述べている。メルケル首相が自分の中に蓄えていたものは、プライベートな時間に補充されていると言われています。少なくともドイツ人にとっては、メルケル首相のライフスタイルは、彼女の欠点が何であれ、彼らの首相が彼らの一員であることを示す本物の、愛すべき証拠である。

 

公邸がなく自分でスーパーで買い物をする

統一ドイツは比較的新しい民主主義国家である。統一ドイツは比較的新しい民主主義国家であり、完成された公邸はない。もし公邸があったとしても、メルケル首相はベルリン中心部のアパートに、ブザーに名前がある夫と共同で住み続けるでしょう。メルケル首相が環境部門を担当していたときに運輸大臣を務めていたウィスマン氏は、「ラテンアメリカからの訪問者にはいつもこれを見せています」と言う。「100平方メートルなのか120平方メートルなのかは知りませんが、それは世界のリーダーのためのものです。彼女は慎ましく暮らしています。」
世界で最もパワフルな女性は、自分で食料品を買い、小さな警備員を引き連れてドイツのクローガーに相当する店に行く。「運が良ければ、金曜日の午後にスーパーで白ワインと夫との夕食用の魚を買っている彼女に出会うことができます」とウィスマンは言います。「それはショーではない。」

「過去を服従させるために格闘する」ドイツの姿勢

リームが涙を流したときには、ドイツの難民危機はすでに始まっていたが、まだ誰も危機とは言っていなかった。その時点で1月以降、前年の2倍にあたる約20万人が亡命を申請していたが、その基準値は、この国が慣れてしまっていたことを物語っている。ドイツがナチスの過去を清算した方法はたくさんある。例えば、イスラエルへの強調的な支援(ドイツの空港ではイスラエルからのフライトには武装した警備員が出迎える)、軍隊の使用に対する消極的な姿勢、学校のカリキュラムやその他の公共生活のあらゆる場面に組み込まれた集団的な罪悪感の強烈な印象とほぼ絶え間ない喚起などがあるが、これらはドイツ人が深呼吸した後にVergangenheitsbewältigung(過去を服従させるために格闘する)と呼ぶものだ。

亡命者を受け入れる「歓迎文化」

しかし、おそらく最も知られていないのは、新参者を受け入れることであろう。国家社会主義は、単一民族の理想と遺伝子の純潔神話に基づいてファシズム国家を建設したが、戦後のドイツは移民の国のようになっている。難民の第一陣は、第二次世界大戦で家を失ったドイツ人たちだった。彼らは家が残っている人たちに引き取られ、後に亡命者を受け入れる「歓迎文化」の礎となった。
そして1960年代には、労働力不足を補うためにアナトリアの小さな町からやってきたゲストワーカーのトルコ人がやってきた。すぐにはドイツ社会に溶け込めなかったが、半世紀後の今、彼らのドイツ社会への溶け込み方は、他のイスラム系移民のモデルとして評価されている。「私の出身地では、私の街では10%の人がトルコから来ていました。何の問題もありませんでした」と元内務大臣のハンス-ピーター・フリードリッヒは言う。「彼らはバイエルンにやってきた。彼らはバイエルンに来て、自分の子供を幼稚園に入れなければならなかった。彼らは今ではドイツ人です。私の義理の妹はトルコ人です」。

シリアからの大量難民受け入れ

次に、スペイン人、ポルトガル人、ギリシャ人、イタリア人など、後に低迷することになる地中海沿岸諸国からの労働者たちが仕事を求めてやってきた。1988年のデュッセルドルフでは、カトリック学校で教えていた生徒のうち、ドイツで生まれた人は半分しかいなかったと、ある神父は振り返る。全員がゲーテの言葉を学び、それが、途中で重さを失った文化に溶け込むための鍵となった。
それを懐かしむ人はほとんどいません。テンペルさんの若い頃は、近所の人を招いて食事をするには、正式な招待状と手の込んだ準備が必要だったそうだ。今日では、人々はふらりと立ち寄り、多くのドイツ人は難民との直接的な接触を求め、彼らを家に招き入れることさえある。テンペルは言う。
「私の両親は保守的で偏狭な考えの持ち主です。しかし、この10年から15年の間に行われた変化には非常に満足しているようです。」
シリア人は何ヶ月も、何年も前からドイツにやってきており、アフガニスタン人やパキスタン人、その他の国籍の人たちも着実にやってきていた。しかし、その数は旅の困難さによって制限されていた。この3年間はリビアまで行き、そこから地中海を渡り、通常はイタリアまで行くという旅だった。この旅は費用もかかり、紛争地域に滞在するのと同じくらい危険なものだった。リビアの警察は人々を監禁した。密輸業者が盗みを働く。そしてボートは転覆した。4月19日に800人が溺れた後、EUは巡視船を派遣して彼らを引き返した。
その後、新しいルートが開通した。200万人以上のシリア人が避難しているトルコと、ヨーロッパの玄関口であるギリシャの間の、約3マイル(5キロ)の海を渡るという、より安全なルートである。欧州連合(EU)のルールでは、亡命を求める移民はそこに立ち寄って判断を待つことになっている。EU加盟国の一番外側の環をフェンスとして利用し、パスポートが不要な26カ国(条約が締結されたことからシェンゲン圏と呼ばれる)の間の移動の自由を守るという考え方だ。しかし、経済的に苦しいギリシャには誰も滞在したくなかった。誰もがドイツの良い評判を聞いていた。その先にあるスウェーデンは、さらに有名な受け入れ先だった。

シリアの非情

シリアから来たばかりのジャミル・アフマドは、「ヨーロッパでは、人間らしいと感じることができる」と言う。バルカン半島のルートは、ギリシャから北西に進み、マケドニア、セルビアを経てハンガリー、オーストリア、そしてドイツへと続く。そして、このルートが開拓され、マークされ、FacebookやWhatsAppで仲間の難民に公開されたのと同じように、中東では移民をさらに促進するような出来事が起きていた。シリアでは、バシャール・アサド政権の報道機関が若者を一軒一軒訪ね歩き、膠着状態の紛争に強制的に参加させていた。また、隣国のレバノン、トルコ、ヨルダン、イラク北部などに逃れたシリア人たちの生活も一変していた。これらの国では、国連が難民を収容し、食事を提供する施設を設置していたが、彼らはおそらく国に戻ることになるだろう。4年後、25万人の死者を出したシリアは、もはや十分な説得力を失っていました。「ドナー疲れ」で国連の予算が不足していたのだ。7月、ヨルダンとレバノンの難民たちに、8月からはこれまでの半分、1日わずか50セントで自給自足することが求められるという知らせが届いた。援助関係者によると、何千人もの難民がヨーロッパへの出口に向かったという。

3歳シリア少女の遺体写真がドイツを突き動かした

移民たちは都市部でのカモフラージュに長けている。法的地位が不明瞭なため、人目を気にして行動しないのだ。しかし、8月にヨーロッパを横断したときの数は隠しようがなかった。一度に数百人が、シトロエンやフォルクスワーゲンが疾走する中、畑や牧草地を横切り、ヨーロッパのフリーウェイの緊急車線を広い列をなして走っていたのである。
どんな物語にも、その物語を盛り上げる瞬間がある。それは、9月2日にトルコの海岸に打ち上げられた3歳のアラン・クルディの遺体の写真が公開されたことである。この写真をきっかけに、シリアの難民問題が世界の話題の中心となった。中東では外国人として扱われていた人々が、ヨーロッパでは主人公となり、聖書の世界に迷い込んだかのように、1時間ごとに衛星ニュースで報道された。この話がハンガリーに伝わると、右派のビクトル・オルバン首相が悪役として登場し、ドイツへ向かう最後の目的地であるオーストリア行きの列車に難民を乗せることを拒否した。ブダペストのケレティ駅では、数百人の人々が世界の舞台となっているプラットフォームに立ち往生していた。

ドイツ人は「ようこそ」、難民は「ありがとう、ドイツ!」

メルケル首相は、地球上の誰もが見ている光景を見ていた。メルケル首相はケレチ駅を知っていた。ハンガリーはドイツ民主共和国の国民として旅行することを許された数少ない場所のひとつだったのだ。「東ドイツでは、自分の境界線を発見する前に、いつも境界線にぶつかっていた」と、6年前のTIMEのインタビューで語っている。オーストリアの首相から電話があった。彼の口調は切迫していた。9月の最初の週末は、電話とロジスティックが慌ただしく過ぎていった。最終的には、ウィーンを経由して、ドイツ行きの列車に乗り込むことになった。ミュンヘン中央駅に到着すると、何百人ものドイツ人が歓声と花束とおむつで彼らを迎えた。「ようこそ」と書かれていた。難民たちは「ありがとう、ドイツ!」と叫んだ。その光景は超越的であり、あまりにも素晴らしいことのように思えた。
多くの人がそうだと言っている。コーネリアスはミュンヘンのオフィスで、「国中がこの出来事に夢中になった」と振り返る。「人々は自分たちがいかに優れているかに酔いしれていました」。3ヶ月経った今でも、ドイツ人はその興奮を引きずっています。しかし、難民が続々とやってきて、今のところ100万人近くにのぼり、終わりが見えない中、彼らやMutti(ママ)に何が起こったのかを考えている。「彼女の伝記作家は『この危機は、新しいメルケルを示しています。』『メルケル首相のソフトな面は今まで見たことがありません』」。

難民受け入れの決定を説明拒否

メルケル首相は、難民受け入れの決定について公の場で発言しておらず、彼女のオフィスは、その決定に伴う報道を理由に、『TIME』のインタビュー要請を拒否した。しかし、良くも悪くも彼女の遺産となるであろうこの行動の源は、その先にあるものよりも明らかだ。彼女を知る人によれば、それは、ハンガリーの国境警備隊が、鉄条網のフェンスを作るために、銃を突きつけて難民を引き止める光景から論理的に導かれたものだという。

「壁を見たくない」メルケル首相

「若い頃、世界を旅することができなかった彼女には、ひとつの信念、つまり感情的な信念があるのだと思う」とウィスマンは言う。「壁に囲まれた人々を見たくないのです。誰かが壁を求めれば、彼女は本能的に反応するのだと思います。私は彼女をよく知っています。私は彼女をよく知っていますが、彼女の主な信念は何かと問われれば、それはこの問題に関するものです。私たちは自由でありたい。一人一人の駅から、国家の自由貿易協定に至るまで」。
もちろん、彼女が幼いリームに言ったことではない。しかし、もし良い公共政策が頭と心のバランスをとるものであるならば、難民問題の些細な奇跡の一つは、普段は厳重に守られているメルケル首相の意思決定プロセスを公の場に押し出したことである。メルケル首相がテレビで発した「全員を受け入れることはできません」という慎重なメッセージは、その前の数ヶ月間にドイツ国民にウェルカムマットを敷くように促したこととのバランスを取っていた。メルケル首相は、2015年の新年の挨拶で、難民問題を取り上げた。「多くの人々が文字通り死を免れました。私たちが彼らを助け、私たちと一緒に難民を受け入れることは言うまでもありません」。夏になって移民の数が増えると、メルケル首相はドイツ国内の難民保護施設を訪れ、笑顔の移民たちと一緒にポーズをとって自撮りした写真をすぐにSNSにアップし、移民志願者たちは「今こそ行くべきか」「どこへ行くべきか」を議論した。バイエルン行きのバスに乗る準備をしながら、「彼女は私たちのニーズに合わせてドアを開けてくれました」と語るのは、25歳で妊娠7カ月のIsraa Ibrahimさん。「彼女は、私たちがどれだけ疲れているかを心で感じ取っているのです」。

「域内移動の自由がある」EUでも検問が

逆説的に言えば、メルケル首相はシリア人に門戸を開くことで、ヨーロッパの大きなプロジェクトに疑問を投げかけたことになる。最も差し迫った危険は、シェンゲン協定加盟国間の自由な移動である。オーストリアとドイツの間にあるかろうじて見える国境は、警察がすべてのトラックを開けて密入国者を探しているため、今では何キロも後退している。スウェーデンは国境を閉鎖し、最近では国境検問を実施している。パリのテロ事件の後、フランスは非常事態宣言を出し、パリのテロリストのうち2人が難民と一緒に入国したと報じられたように、テロリストが難民と一緒に入国するのではないかという不安を増幅させた。多くのドイツ人はこのような不安を共有しているが、ベルリンの選良たちは、他の攻撃者たちがすべてヨーロッパで育ち、例えばベルギーで蔓延している問題である、移民が社会に統合されていないときに生まれる民族的なゲットーで過激化したことを懸念しているようだ。

「難民はメルケル発言を招待状のように受け取った」

一方で、メルケル首相の「我々はこれを処理できる!」というはったりの自信は、ボランティアの疲弊に逆行している。11月下旬、ベルリンのソーシャル・サービス・センターだけでも、1日に500〜600人の人々を受け入れていた。彼らは、学校の体育館(昼は子供、夜は大人のリーグ戦)から、旧シュタージ本部(盗聴室が見事に寝室になっていた)まで、あらゆる場所に収容されていた。連邦政府の社会サービス機関であるLaGeSoのベルリン事務所のスポークスマンであるシルビア・コストナー氏は、個人的な意見として、「彼女は『誰でも歓迎します』という一文を言い過ぎたと思います」と言う。「人々はこれを招待状のように受け取りました。これは招待状ではありませんでした……彼らは流れを減らすための解決策を見つけなければなりません」。
メルケル首相は、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と交渉して、蛇口を閉めることに取り組んでいる。トルコは11月30日、エーゲ海側の難民救済のためにEUから30億ユーロの資金援助を受け、250人の警察官を派遣してレスボス島の海岸を急襲するなど、初めて本格的な密入国者の掃討に乗り出した。一方、ドイツでは、戦争から逃れてきた難民を認定し、貧困から逃れてきた難民を帰国させるために、亡命の決定を急ごうとしています。メルケル首相は今、「合法的な移民」について語っている。規則。ドイツ人は今でもルールを好むし、その理由も明らかになっている。

欧州で進む右項化

しかし、メルケル首相は見慣れない表舞台に立っています。何年もの間、彼女は中央から効果的に統治することで、彼女の連立政権がドイツの政治から酸素を吸い取っていると非難されてきた。今日では、あまりにも多くの酸素があるため、燃焼を恐れる人もいます。ヨーロッパ中の右派政党は、メルケル首相のナイーブさと、他のEU加盟国に亡命者の受け入れを求める(今のところほとんど無駄)ことに、上昇気流を見出している。隣国のポーランドでは、10月25日に行われた難民問題をテーマにした選挙で、保守系の「法と正義党」が政権を獲得しました。次期首相のベアタ・シドロ氏は、「ある国が、自分たちが招いた問題を、ある意味で輸出しようとするのは、連帯とは呼べない」と述べました。フランスでは、マリーヌ・ルペン氏が率いる自然主義者の極右政党「国民戦線」が、今日行われる国政選挙で勝利するという世論調査結果が出ている。12月6日に行われた統一地方選挙では、13地域中6地域で第1党となった。

ドイツでも右翼が急増

ドイツの右翼も急増しており、西側からのテレビが届かない窮屈な都市ドレスデンでは、毎週行われる反移民集会に数千人が参加している。「ペギーダ」と呼ばれる運動の共同創設者であるルッツ・バックマンは、「我々を団結させているのは、政治家がもはや我々に注意を払っていないという感覚だ」と言う。

極右政党「ドイツの選択肢」の躍進

ドイツの戦後政治は、すべての右翼をネオナチと決めつけることで、中道右派の政党に耳を貸すことができず、最近では右派というより中道に近い政党になってしまった人々に、正当な展望を与えていないと指摘するアナリストもいる。ドレスデンを州都とするザクセン州政府の顧問であるフランク・リヒター氏は、「右翼的な意見を持っていても、ドイツの政治ではまったく代表されていないと感じている人が非常に多い」と語る。「大連立はその性質上、このような状況を生み出します。大連立は本質的にこのような状況を生み出します。誰もが政治的中心部の小さなスペースに詰め込もうとし、誰も周辺部に近い人々と関わりを持とうとしないのです」。ペギーダは政党ではないが、右派の「ドイツのための選択肢」は政党であり、今年の夏以降、その支持が拡大している。次の国民投票である2017年に議会に進出する可能性がある。

「ビジョンを持っている人は目を診てもらうべきだ」

メルケル首相は、4期目を目指すかどうかは明らかにしていない。メルケル首相の人気は急激に低下している。世論調査では、メルケル首相の財務大臣であるヴォルフガング・ショーブル氏が「雪崩」と呼んだ夏の出来事の前から、イスラム教徒の移民に対する不安が示されていた。この混乱は、CDUの姉妹政党であるバイエルン州で最も顕著だ。この派閥の男性リーダーは11月20日、目を伏せて立つメルケル首相を演壇から説いた。
メルケル首相は、ドイツ人が慣れ親しんだ均衡を取り戻すのに1年以上の時間を費やしている。メルケル首相がすべきことは、難民問題に終止符を打ち、テロへの不安が高まる中、数十万人のイスラム教徒を受け入れるようEU諸国を説得し、シリアでの戦争を終結させ、ドイツ最大の産業部門の旗手であるフォルクスワーゲンのスキャンダルのような不測の事態を回避することである。メルケル首相は、多くの人が「究極の軽率な行動」と呼ぶものが、実際には先見の明があることをドイツ人に納得させなければならない。メルケル首相は、自分がビジョンを持っていると主張したことはなく、実際にシュミット首相の「ビジョンを持っている人は目を診てもらうべきだ」という言葉を引用している。しかし、メルケル首相を研究している人たちは、ある人が “彼女のつぶやきのようなスピーチ “と呼ぶものの中に、いつも聞こえるわけではないが、それが見えていると言う。

「ヨーロッパの心と魂は寛容」

「ヨーロッパの心と魂は寛容です」と、難民問題の数年前に彼女はあるスピーチで言った。「このことを理解するのに、私たちは何世紀もかかっています。私たちはお互いを迫害し、消滅させてきました。憎しみ、荒廃、破壊の最悪の時期は、一世代も前に起こったことではありません。それは私の民族の名の下に行われたのです」。
ドイツはホロコーストを所有しているが、他の国はその犯罪を所有していない。ベルリンの歴史的中心部には、ドイツの犠牲者のための記念碑がたくさんあります。ヨーロッパで最も活気があり、手頃な価格の都市の一つであるベルリンでは、様々な観光体験ができます。国家社会主義の中枢であるライヒスタークは、ガラスのドームによって透明性の代名詞ともいえる議会に生まれ変わりました。ジプシー虐殺の記念碑の前で、ベルリンのシンボルである熊のコスチュームから着替えている人がいます。ナチスに抹殺された600万人のユダヤ人の記念館は、街全体を占めており、コミットメントとしても体験としても格別です。グリッドの中を移動するのは、見当違いというよりも、落ち着かないものだ。人を見ても、その人は一瞬で消えてしまう。

メルケル首相が遺した政治的遺産

メルケル首相が残した遺産、すなわち大胆で、困難で、非常に共感的なリーダーシップの行為は、ヨーロッパの生活の快適さ以上のものに挑戦している。メルケル首相の遺産は、ヨーロッパの生活の快適さだけではなく、ドイツ人を含むあらゆる集団に対する仮定の快適さにも挑戦している。そしてそれは、壁の後ろに閉じ込められた少女としての彼女の幼少期の経験からだけではなく、ドイツ人として学んだことからも受け継がれている。また、大人になってからも、彼女が言うところの “私たちにとって最も重要なこと “に対して、規律正しく、理路整然としたアプローチを適用しながら学んできたことにもつながっている。ドイツの首相は、反ユダヤ主義を顕微鏡で観察し、偏見の根源を探り、恐怖を見出した。ユダヤ人だけでなく、外国人を含むあらゆる「他者」への恐怖だ。それは全世界に及ぶ。

「恐怖は良い助言ではない」

メルケル首相は、9月3日、多くのイスラム教徒が入国する中で、「イスラム化」を防ぐために首相は何をするつもりなのかと質問した中年女性に、「恐怖は、私たちの個人生活においても、社会においても、決して良い助言ではありません」と語った。メルケル首相は、「恐怖によって形作られた文化や社会は、間違いなく未来を掴むことはできないでしょう」と述べた。
結末はまだ書かれていません。しかし、それがこの物語のモラルなのです。-取材協力:Massimo Calabresi / Washington

https://time.com/time-person-of-the-year-2015-angela-merkel/

関連記事

東京大学応援部「淡青祭」、開催 観客2500人で大盛況
写真名鑑
本誌特別取材班

総合ランキング

週間ランキング

月間ランキング