東京タイムズ

英語版

タグ: 小室圭

ル・モンド紙が眞子内親王殿下と小室圭さんを「呪われた結婚」と論評

日刊紙「ル・モンド」が小室圭さんと眞子内親王殿下の結婚について「呪われた結婚」と論評する記事を載せた。
翻訳する。

眞子さまの呪われた結婚式が

庶民との結婚を望む秋篠宮皇嗣殿下の娘は、皇室を離れることになる。夫妻は当初から、宮殿や住民からの敵意にさらされていた。

メーガンとハリーによって形成されたロイヤルカップルの日本版であり、アメリカでの反響の大きい亡命者である眞子さまと一般人との断絶した関係は、日本のタブロイド紙を喜ばせている。皇太子殿下の長女と、アメリカの大学で出会った小室圭さんとの結婚式は、通常の皇室行事とはかけ離れた、ほとんど秘密裏に行われるもので、当初から批判されていた。

宮内庁によると、この婚姻は10月26日に行政に登録される。伝統的な婚約式や、プリンセスが天皇・皇后両陛下に感謝の言葉を述べることもなく行われる。戦後初の試み。29歳の彼女は、一般男性と結婚することで、女性にのみ適用されるルールにより、爵位を放棄し、皇室を離れなければならない。

上手くいかないポニーテール

「多くの人が結婚に納得していないのに、婚約をまとめるのは難しいでしょう」と(秋篠宮)文仁(親王殿下)は認めた。小室さんは、2017年9月の婚約の発表以来、ほぼ悪評を引きずっている。その3ヵ月後、この青年の母親が元夫と金銭的に対立していることが報道された。後者は圭さんの教育費を負担しており、返金を求めていた。プリンセスの解放時に約束した100万ユーロ以上の封筒を、この金銭問題の解決のためにあてにしていなかったのか、という疑問が生じた。

このメディアの嵐のせいで、皇室は結婚式を無期限に延期し、若者の就職先を探すよう要求した。小室さんは、ニューヨークで勉強を続けた。法学部を卒業し、司法試験の結果を待っているところで、ニューヨークの法律事務所に入社する見込みだ。残念ながら、これだけでは敵意を静めることはできない。小室さんは自分が評価されるようなことは何もしていないと言わざるを得ない。9月27日、スーツに身を包み、ポニーテールで来日した彼の姿は、ネットユーザーに衝撃を与えた。朝日新聞のインターネット調査によると、「お祝いをする準備ができている」と答えた人はわずか5%だった。

https://www.lexpress.fr/actualite/monde/asie/au-japon-le-mariage-maudit-de-la-princesse-mako_2159509.html

フィガロ紙が眞子内親王殿下の結婚を「亡命」と論評

フィガロ紙電子版が10月5日に眞子内親王殿下の結婚について以下、記事を配信した。以下、翻訳だ。

 

 

日本におけるプリンセス・マコの愛のための亡命(exil)

結婚式の発表で、新婦がトラウマになっていることに言及しているものは多いですか?これは、金曜日に宮内庁から発表された奇妙な発表である。宮内庁は、10月26日に眞子さまと婚約者の小室圭さんの結婚を確認しましたが、花嫁となる方が、お二人が受けてきたメディアからの嫌がらせによりPTSD(心的外傷後ストレス障害)になっていると述べました。今回の発表により、2017年に二人の関係が明らかになって以来、貴族と不純なものが競い合ってきたサガは、少なくとも当分の間、終結することになります。

このシリーズの主人公は、成仁天皇の弟である秋篠宮家の長女・眞子さまです。眞子さまは、子供の頃から日本の非常に攻撃的なパパラッチに付きまとわれていましたが、法学部のベンチで出会った色のない一般人、小室圭に運命の相手を見つけました。2018年に一般的なのれんで結婚することになった。国が求婚者の家族を知るまで。特に母親は、婚約が発表されて以来、謎のボーイフレンドから数万ユーロの借金があると公に主張されている。このように、公共の場で汚れた洗濯物を解き放ち、マスコミが小室ファミリーを解剖したことで、世論から拒絶されるようになった。眞子さまのお父さまは、お兄さまに次いで、世界で最も長い歴史を持つ皇室の最終的な後継者であるご子息の前にいるという、象徴的な存在です。

吊るされた男を支えるロープのように、世間の常識に反して、真子は両親に支えられながら、3年間、自分の選択を貫いてきた。

「彼女はとても決断力があり、面白い女の子です。彼女は表立って何かを批判することはありませんが、自分の意見を持っています」

と、彼女の知人はコメントしています。

彼女はモデルであり、理想でなければ意味がありません。レディディのようなスキャンダルは、ここでは耐えられません。大久保和夫(ジャーナリスト)

「日本皇国」のゴシップ報道の喧噪から離れ、圭氏は3年間法律を学び、ニューヨークの法律事務所で弁護士としてのキャリアをスタートさせていた。後者は月曜日に東京に戻り、恋人(3年ぶりの再会)に会い、結婚式の準備をしました。彼の帰国に際し、タブロイド紙はこの不名誉な子供を偉大な犯罪者にふさわしい歓迎をした。東京・成田空港には170人のジャーナリストが集まり、彼を歓迎した。彼を非難することはあまりない。「ポニーテールだ」と、日本を代表する「週刊誌」が一面にクローズアップ写真を掲載して大々的に報じたのである。

群れに追われて、結婚が決まるとすぐに日本を飛び出してしまうのは間違いありません。皇室にとっては、小さな(宮廷)革命となります。皇室のメンバーの一人が、初めて同胞の矢から離れた海外に住むことになるのです。眞子さまは、平民と結婚することで、皇室の肩書きや優位性から離れることになります。眞子さまは、「良いお姫さま」として、「自分の尊厳を保つため」に受け取るはずだった”サヨナラボーナス”1億3700万円(100万ユーロ)を放棄します。

眞子さまのトラウマのニュースを聞いても、容赦なく追いかけてくるパパラッチたちは、何も考えていません。10月26日に予定されている結婚式の後に「小室夫妻」と呼ばれることになる彼らは、地元メディアに追い回され、誹謗中傷され、焼き討ちされることで、日本人の曖昧さを物語っています。彼らは、皇室に対する自分たちの意向に沿わない場合には、施設を崇拝するのと同様に、その居住者を燃やしてしまうのです。”モデル “であり “理想 “でなければ意味がありません。レディ・ディ(Lady Di)のようなスキャンダルは、ここでは耐えられません」と、毎日新聞で28年間、宮内庁に特派員として勤務した大久保和夫氏は言う。

皇室には税金が投入されているのだから、眞子さまは自分の意に沿うべきだと国民は叫んでいる」。そうなんですか。それならば、役人は国民が認めた女性としか結婚してはいけない」と成城大学の森暢平教授が朝日新聞で笑っていた。「このハラスメントは、日本が直面している不確実性から来ています。皇室の将来は安泰ではなく、国際的な地位も低下しています。このような時、人々は伝統や地位、国のアイデンティティに固執する」と観察している。小さな女の子が日本のお姫様になることを夢見ることはできません。

https://www.lefigaro.fr/international/au-japon-l-exil-par-amour-de-la-princesse-mako-20211004

ピックアップ記事

みちばた興業が路上ライヴ
本誌特別取材班写真名鑑

総合ランキング

週間ランキング

月間ランキング