東京タイムズ

英語版

タグ: グラビア

忍野さら「爽やかセクシー」 声が出ずに異例の”同時通訳”

グラビアアイドル忍野さら(23)が12月24日、都内で“通訳付き”のカレンダー発表会見を開いた。この日、サンタクロース姿で登場した忍野は、来年の自身のカレンダーを手に取材陣の撮影に応じた。

囲み会見になると、虫の息のような声で「声が出ないので“通訳付き”でお願いします」と懇願ポーズ。質問を受けると、返事を「船場吉兆のささやきおかみ」のようにマネジャーの耳元でささやき、それをマネジャーが大きな声で話す形式で会見が行われた。

忍野によると、12月に入ってから2回も屋外での水着のグラビア撮影があり、かぜをひいたとのこと。「かぜは治ったんですが、声がまだ。寒いのが得意なんで、結構張り切りすぎちゃうんです。クリスマスは病院に行きます」とささやいた。

カレンダーの撮影は9月にグアムで行われた。「見どころは、爽やかでセクシーな感じ。お気に入りはグアムの夕暮れ時に空がピンクになった時に、スケスケのワンピースで撮った写真です」。飾ってほしい場所場は「トイレです。朝晩、なにもない空間で、誰にも邪魔されずに私だけを見てほしいから。変ですかね」と笑った。

スレンダーボディ・Sumireが大胆露出 「艶かしく、焦らす感じで」と大人の色気あふれる

元レースクイーンでありスレンダーボディが魅力のグラドル・Sumireが、新作DVD『barely Sumire』(Ken World)をリリース。都内で開催されたリリース記念イベントにしらべぇ取材班は突撃してきた。

■しっとり大人セクシー
本作、大人のギリギリ感や清楚な雰囲気を強調しているようで、「あんまりガツガツした露出っていうのより、じっくりじっくり艶かしく、焦らす感じで。激しい露出はしてないんですけど見どころ満載だと思います」と力強く話す。

例えば、ポールダンスのシーンは、もともとダンスを嗜んでいる彼女がセクシーに魅せているという。

■過酷のロケで絆も
ほかにも印象深いシーンを聞くと、「着衣を着ているんですけど、そこからうっすら胸が見えたり、ギリギリあそこが見えそうで見えなかったりするシーンがあったり…」と過激な発言に取材陣もドキリ。

しかし撮影は苦労もあったようで、ロケ地が山の川沿いだったため「寒かったんですよ」と当時を振り返る。

「スタッフさんとかメイクさんとかみんなで協力しあえたので、みんなで作り上げようって感じで頑張りました」と撮影チームの努力が垣間見えるシーンでもあるそう。

■乳首がうっすらと…
DVDで最も見てほしいシーンはある? と質問するとパッケージの表紙にも採用されている「ベッドのシーン」をチョイスした。

「真っ白いシーツを上から羽織ってるんですよ。それは乳首がうっすらと透けて光もかなりキレイで…そこが見てほしいですね」とのこと。確かに薄っすらと透けていて、本気で撮影に臨んでいることが窺える。

■過去最高の作品
本作を100点満点で評価してもらうと、「今までのと比べると私の中で最高の90点かなと思ってます」と歴代で最高傑作であることを明かす。

現在30歳である彼女、今後は大人の魅力を武器に「熟女路線でがんばれたらいいな」と目標を語った。

燃えたぎる美力のグラドル・あべみほさんがDVD『狂おしいほど愛して』をリリース

2月9日、グラビアアイドルのあべみほさんの3年半ぶり5枚目のDVD『狂おしいほど愛して』(サウスキャット)の発売記念イベントがソフマップAKIBA④号店 アミューズメント館で行われた。

リリースには次のように書かれている。

高いプロ意識と自己プロデュース力を備えたモデルを中心に起用するSouthCatの第三弾は、モデル時代にミスユニバースジャパン2012・ファイナリストに選ばれ、グラビアアイドルへ転身後は準日テレジェニック2013・ベスト美脚賞、ミスFLASH2015グランプリなど輝かしい経歴をもつ「あべみほ」チャン!今夏に待望の写真集を出した彼女が約3年半ぶりとなるイメージ作品への出演を決意してくれました。身長165㎝、股下85㎝という驚異のスタイルと美脚を誇る彼女が、初の組み合わせとなる中北監督のディレクションにより妖艶かつ美しい世界へと果敢に挑戦。新生・あべみほの魅力がここから放たれます。

 

撮影場所はバリ島。あべさんはDVDの内容について、

「刺激を求めて始めたアルバイト先で出会う男性の方と不倫関係に陥って、イケない関係に陥ってしまってどんどんハマって行く姿を描きました。おススメは最後のシーンで、魔女をイメージして黒い服を着ているんですけど、私の中で一番気持ちが入ったシーンです。」

と内容を紹介した。

今年を振り返っての思い出と来年の抱負について尋ねると、

 

「今年一年フリーランスになってから、写真集やDVD、カレンダーを出すことができました。応援してくれるファンがいて、支えてくれる仲間たちもいて、たくさんの人に支えてられて、やっとやっと夢を叶えられた一年でした。らいねんは思いもやらないことが出来たらなあと思います。」

と温かい笑みで語られた。

伊川愛梨が4枚目の「アイリッシュ」DVDリリース

 グラビア界ナンバーワンとも言われている、98cm・Jカップの伊川愛梨さんが、4th DVD「アイリッシュ」(発売元:KHプロモーション、販売元:スパイスビジュアル、収録時間:90分、価格:4104円)の発売記念イベントを12月9日、ソフマップAKIBA 4号店 アミューズメント館で開催した。リリースは次のようにアル。

「美少女伝説にまたもや新たな精鋭、奇跡のJカップアイドル【工藤唯】ちゃんが登場!!端整で可愛らしい顔立ちと清楚感溢れる声、おっとりふわふわな癒し系のゆいちゃんが走ってみたり、飛び跳ねてみたり、ダンスしてみたり!!弾けるようなフレッシュさが眩しい!! Jカップのバストは、至福の宝物! 人生で1度もキスをしたことがないという恥ずかしがり屋さんなゆいちゃんが初めてのキスをします!普段は見られないような”初めて”の体験がギュッと詰まった作品!!真実の清純な女の子です。あの頃、憧れたあの子が、あなただけのために見せる姿に是非感動してください!」

 

――どんなシーンが楽しめますか?

伊川愛梨 エスティシャンになってマッサージしてたら……自分がされちゃう側になったり、学校の先生風にプールの前で準備体操するシーンなどが観られます。

――お気に入りは?

伊川愛梨 白いブラウスと黄色いスカートを組み合わせた、メイドっぽい格好です。部屋を掃除したり、胸やお尻を揺らしながら踊ったりしています。

――色っぽく撮れたのは?

伊川愛梨 キャビンアテンダントのシーンです。ジャケットにもなっていますが、制服を脱いだときに見せる水着が「透けているのかな?」と思うほどすごいんです。露出しすぎかも!?

――2018年は、どんな年になりましたか?

伊川愛梨 大学が忙しくて両立が大変でしたが、グラビアの仕事がたくさんできた1年でした。一瞬でもいいから、Amazonランキングで1位を獲りたいと思います。

――来年はどんな年にしたいですか?


伊川愛梨 来年はもっと活躍したい。そしてAmazonのランキングで一位をとりたい。二位は最高でとったことがあるんですけど、一位はなくて一瞬でいいからとりたいです。

―――おっぱいが大きくて、得したこと損したことはありますか。

伊川愛梨 

得したことはこのお仕事が出来ただけで、損したことばかりですけど、下着のお店が限られている。専門店じゃないとうっていないし、大きいサイズだから高価なんですよ。私服もおっぱいを考えて着ないと、目立ちすぎて、外を出歩けないです。男女問わずおっぱいを見ているなと視線を感じることはあります。

今回もいろいろコスプレを着てみて、さまざまなシチュエーションを撮りました。慣れてきて、前よりは言い作品になっていと思うので、見てください。

 

発達障碍者・LGBT・ろう者の地位貢献を目指すコスプレイヤー Masaminさん

[wds id=”13″]
【リード】
発達障碍を抱えたMasaminさん。現在は非正規の介護士として働きながら、発達障碍の啓発に努めている一方で、コスプレイヤーとしても活動している。

【本文】
「介護の仕事は、精神的なところでは大変ではありませんが、体力的にはキツいですね。体を支える機械なども使うんですけど、直接的に抱えて起き上がらせたり、移動させたりということがあるので、筋力がないとできません」

 そう語るのは、非正規の介護士Masaminさん。本人は、発達障碍を抱えている。自分が発達障碍では、と自覚するようになったのは小学生の頃だという。

「小学校高学年の頃から発達障碍に関するニュースが増えてきて、その症状が自分にぴったしあうので、分かりました。医者にかかって検査をしたいと親に打ち明けましたが、一蹴されました。検査を受けて(発達障碍と)診断されたのは成人になってからです」

 学校になじめず、高校には進学できなかった。それ以来、非正規の仕事を転々としているという。

「中卒だと履歴書を見せるだけで、正規採用からふるい落とされてしまう。日本は学歴社会なんだなと強く感じますね」

 そんな彼女は発達障碍の理解促進を求める活動もしている。

「障碍を持つ人もそうではない人たちも、一緒に助け合いながら生活する『まぜこぜ』の社会が重要だと思います。発達障碍について言えば、外見では分からない。私が抱えている病気に起因する欠点は、時間を守れないことです。どんなに努力しても遅刻してしまう。だから、大事な用事の時はパートナーが家に迎えてきています。発達障碍者は片付けが出来なかったり、注意散漫だった
りと色々な欠点を抱えています。しかし、社会がそれも一つの個性として認め、支え合う社会になって欲しい」

 さらに話に出たパートナーについては、「男性から女性に性別適合手術したトランスジェンダーで、しかも、ろう唖者です。そのため、LGBTについて勉強し、手話も習得しました」とも語る。

 そんなMasamiさんだが、一方でコスプレイヤーとしても活動。スカウトされDVDも発売した。

「元々、小さい頃から変身ごっこが好きだったんです。誕生日に変身セットを買ってもらったりゴミ袋とかで作ったり、コスプレというより仮装が好きだったんです。小学校に上がってからマンガとかアニメ好きの友達が増えるようになって、仮装が好きならコスプレがあるよって教えてもらっったんです。最初に、コスプレしたのが、小学校5、6年くらいです」

 小学校高学年の頃から発達障碍を意識するようになり、学校にもなじめなかったMasaminさんだが、コスプレで友達ができたという。
「友達で家族と一緒に、コスプレしてる子がいたので一緒に衣装を作ったり、ミシンを借りて縫ったりもしました。その時にコスプレした友達が中学でも一緒だったので、3年間は”オタク活動”漬けというか、部活まで一緒だったので、マンガ研究部状態でした(笑)」

 介護士の仕事をしながら、発達障碍や手話の指導、LGBTの啓発を行ない、さらには、コスプレイヤーと、マルチに活躍するMasaminさんである。

     
【Masaminプロフィール】
まさみん。1988年2月21日生まれ。介護士。重度障碍者の介護が専門。趣味はコスプレ、懐メロ。コスプレの撮影会でスカウトされ、2018年1月にファーストDVD発売。ろう者やLGBTの友人が多く、手話を勉強・指導中。

ピックアップ記事

東京大学応援部「淡青祭」、開催 観客2500人で大盛況
本誌特別取材班写真名鑑

みちばた興業が路上ライヴ
本誌特別取材班写真名鑑

総合ランキング

週間ランキング

月間ランキング