東京タイムズ

英語版

タグ: ルモンド

ル・モンド紙が眞子内親王殿下と小室圭さんを「呪われた結婚」と論評

日刊紙「ル・モンド」が小室圭さんと眞子内親王殿下の結婚について「呪われた結婚」と論評する記事を載せた。
翻訳する。

眞子さまの呪われた結婚式が

庶民との結婚を望む秋篠宮皇嗣殿下の娘は、皇室を離れることになる。夫妻は当初から、宮殿や住民からの敵意にさらされていた。

メーガンとハリーによって形成されたロイヤルカップルの日本版であり、アメリカでの反響の大きい亡命者である眞子さまと一般人との断絶した関係は、日本のタブロイド紙を喜ばせている。皇太子殿下の長女と、アメリカの大学で出会った小室圭さんとの結婚式は、通常の皇室行事とはかけ離れた、ほとんど秘密裏に行われるもので、当初から批判されていた。

宮内庁によると、この婚姻は10月26日に行政に登録される。伝統的な婚約式や、プリンセスが天皇・皇后両陛下に感謝の言葉を述べることもなく行われる。戦後初の試み。29歳の彼女は、一般男性と結婚することで、女性にのみ適用されるルールにより、爵位を放棄し、皇室を離れなければならない。

上手くいかないポニーテール

「多くの人が結婚に納得していないのに、婚約をまとめるのは難しいでしょう」と(秋篠宮)文仁(親王殿下)は認めた。小室さんは、2017年9月の婚約の発表以来、ほぼ悪評を引きずっている。その3ヵ月後、この青年の母親が元夫と金銭的に対立していることが報道された。後者は圭さんの教育費を負担しており、返金を求めていた。プリンセスの解放時に約束した100万ユーロ以上の封筒を、この金銭問題の解決のためにあてにしていなかったのか、という疑問が生じた。

このメディアの嵐のせいで、皇室は結婚式を無期限に延期し、若者の就職先を探すよう要求した。小室さんは、ニューヨークで勉強を続けた。法学部を卒業し、司法試験の結果を待っているところで、ニューヨークの法律事務所に入社する見込みだ。残念ながら、これだけでは敵意を静めることはできない。小室さんは自分が評価されるようなことは何もしていないと言わざるを得ない。9月27日、スーツに身を包み、ポニーテールで来日した彼の姿は、ネットユーザーに衝撃を与えた。朝日新聞のインターネット調査によると、「お祝いをする準備ができている」と答えた人はわずか5%だった。

https://www.lexpress.fr/actualite/monde/asie/au-japon-le-mariage-maudit-de-la-princesse-mako_2159509.html

ピックアップ記事

ろう漫画家・平本龍之介さん講演会
武島芽衣子社会

ハマック柳田★BIRTHDAY PARTY★ Reported by 武島芽衣子
本誌特別取材班社会

総合ランキング

週間ランキング

月間ランキング