東京タイムズ

英語版

カテゴリー: アイドル

「ずぶ濡れSKE48発売記念イベント」が開催

アイドルグループ「SKE48」の荒井優希(23)が10月7日、都内で「ずぶ濡れSKE48発売記念イベント」に、須田亜香里(29)、杉山歩南(15)も同席した。

 その模様をお届けする。

🌟3人入場🌟
須田:SKE48チームリーダーで今月で30歳になります須田亜香里と申します。今日は来てくださりありがとうございます。「ずぶ濡れSKE48」(扶桑社)が完成し、すごく好評で嬉しいです。皆様に今日は魅力をお伝えできたらいいなと思います。よろしくお願いします。

荒井:はい、SKE48メンバーの荒井優希です。私は今回「ずぶ濡れ7」に選んでいただきました。本当に自分でも確かに選ばれるだけの濡れ方したなという自覚があるので、たくさんの方に見ていただけたら、嬉しいなと思います。今日はよろしくお願いします。

杉山:杉山歩南です。私も荒井さんと同じくずぶ濡れセブンに選んでいただいたんですけど、すごくうれしかった思いをたくさん発表できたらいいなと思います。よろしくお願いします。

司会者:ファンの反響はいかがでしたか

須田:まずこの表紙に載るということはあまりないので、ファンの方はすごく喜んでくれました。そうですね。反響はメンバーからもありました。メンバーには最近あまり会えてなかったりもするんですけど、その密を避けるためであったりとかで、あんまり会えてないんですけど、事務所の方にこの本がドサッと届いたんですけれど、それがメンバー用で……。Amazon版の表紙が私で、その分だけごっそり、もうなくなっていたんですよね。メンバー人気がすごいあったみたいで、もう事務所から私の番がなくなるくらい、Amazon版のメンバーからすごく人気でした。嬉しいです。

司会者:皆さんの撮影テーマはでエクササイズをテーマにトレーニングウエアで汗をかいている姿が収められていますが撮影で印象に残るエピソードがございますか。

須田:そうですね。トレーニングウエアでホームエクササイズであったり、サウナで汗を流したり、あと一番印象的だったのが、あと涙もあったのかな、涙で泣いてくださいっていうのもあったりで、一番大変だった撮影が木桶で水垢離っていう「お清め」みたいなことをベランダ撮影、スタジオのベランダで、何テークもやったんですよ。多分10テイク以上お水の出方がきれいに映るまで何度もやろうという風にやらせていただいたんですけど、使われたカットがすごくちっちゃかった。ページを開いたときに衝撃を受けたので、ちょっとね、これはクレームですね。あんなに何回もやったのに。
ただやっぱりアイドルたるもの、どの瞬間も可愛く映ってなかったのかもしれないという自分なりの反省点もあります。マジで水をかぶっていたので、なのですごく顔が必死だったのかもしれません。今回はありがとうございます。

司会者:本日ご登壇いただいています荒井さん杉山さんは本作で新たに誕生した神セブンならぬずぶ濡れセブンに選抜されました。選抜入りを聞いた時の感想を伺えますでしょうか。

荒井:でも今年はネットで見て、発売されるっていうときに、そのリリースで書いてあったホームページで知ったんですよ。だからすごいなんか、そういう選抜があるのも知らなかったですし、まずそこに自分のやっているのが入るっていうのを知らなかったので、本当にうれしいですし、この濡れ方を認めてもらえたということで、本当に報われた気持ちに私はなりました。

杉山:私もネットで知ってすごくビックリしてファンの方が「歩南ちゃんおめでとう」ってたくさんツイートをしてくださってて、それで知ったんですけど、すごくビックリしたのと、あと10期生の他のメンバーもすごい素敵な作品ができていたので、まさか自分が選ばれるなんて思ってもいなかったんですけど、ちょっと坂道ダッシュをしたんですけど、その走りが良かったのかな?とにかく自信につながりました。

司会者:ありがとうございます。スタッフも連載している週刊SPA編集部から貢献度が高かったメンバーは選出されていると伺いましたが荒井さん杉山さんはどのようなシチュエーションでどんな子になったんでしょうか?

荒井:私は噴水っていうんですかね、噴水の下に立ちましたね、本当にちょっと意味わかんないですけど、今は改めていろんな写真を見て自分の撮影を思い返すと、なんかちょっとテーストが違う、とりあえず濡らせておけばいいみたいな。

司会者:第一弾だったんだよね?

荒井:そうなんですよ。この連載が始まって。撮影をしたのが、私が一番初めで、そのスタッフさんもですし、マネージャーさんとかも、手探りの状態でそうだから、どこまでやっていいのかとか、どれくらいやったら濡れるのかとか、誰も分かってなかくて、私ももちろんわかってないので、とりあえず下着の交換できるように持ってきてくださいって言われました。
そういうのもわかってるくるんですね。それだけ言われて、持っていったんですけど、もう帰り、自分で歩くだけで、床が濡れるんです。もうだから、そう、もう家まで送ってもらいました(笑)。本当にすごいことだったのですだけど、ほんと、これは選抜に入れなかったら、苦情案件だったので、入れていただいて本当にありがとうございました。

杉山:私は先ほども言ったんですけど、坂道ダッシュをさせていただいたんですけど、普通の一般道での撮影だったんですけど、通行人の方とか車に乗っている方とかにすごい注目を浴びて、さっきもあの車は通ったよなって、思うような車があったりとか、あと何周もしているのかなって、思ったりしたんですけど、普段自分が走っている顔を見ることってなかなかないので、いつも新鮮でしたし、こんな顔してるんだと思ってついにもうすぐ運動会があるんですけど、そのときはちょっとこのときの表情を真似して、写真を撮られる時にも漏れてやった思いでやります。

須田:運動会、響きが懐かしいね。私は今月で30になりますから。

荒井:6年生までを2回できますね。

須田:スタッフはすごいですね。楽しんでございます。

司会者:ありがとうございます。そこで伺いたいのですが、皆さんは本作の中から、おすすめの部分があれば教えてください。

須田:私がお気に入りなのは。
こういうのって自分のを言った方がいいのかなって思ったのですけど、やっぱりSKE48で、全員が載せていただいているからこそ、ちょっと他のメンバーをやってみようと思います。私は19ページの右側の井上瑠夏ちゃん見てて、いいんですかね、このカットなんですけれど。かわいいな。ラーメン辛い麺を食べなが、お鍋を食べながら泣いてるんですよ。汗かきながら泣いているんですね。この表情がなんとも言えなくて可哀想な気もするんだけど、すごく可愛くて。この透き通ったお肌にこの辛そうな真っ赤なお鍋に入っててすごく胸を打たれます。あ!こういう濡れ方もあるんだという感じで衝撃を受けたのでお気に入りです。

荒井:荒井は自分の写真を選んだんですけど、77ページのすごく楽しそうな自分なんですけど、なんとこの撮影の次の日、私は風邪をひきました。そう、私は本当にめったに風邪を引かなくて、この撮影中も私、元気なんだ、全然大丈夫ですよ、みたいな感じで、ずっと濡れてたんですよ。そしたら次の日に普通に風邪をひいて、鼻水が止まらなくなんです。でも撮影中は本当に楽しかったんだなって、思ってもらえたらいいなと、思って参りました。

杉山:私は自分のページなんですけれども、159ページも、この超全力で走っているページです。これは、これもたぶん一般道で撮影したところなんですけど、ものすごい汗をかいて、もう何か本当に辛いものでも、食べたのかというぐらいな汗をかいてしまい、楽しい撮影でした。どうしても紹介したいページがあるんですけど……。
ジュジュン!
高畑結希さんが水鉄砲で遊んでいるシーンなんですけど、私、今年水鉄砲で遊んでなかったのね。ちょっと結希さんと、どうしても今年中に水鉄砲で遊びたいなと思います。

須田:ちょっと水かけっこしたいね。

質疑応答

須田:こちらはSPAさんの方で連載をしていただいているものなんです、けれどもSKE48のメンバーが本当にいろんな形でずぶぬれになっている連載で、すごく好評だったと聞いています。私自身も自分が出演していないときでも、いろんなメンバーのずぶぬれになっている姿を見て、かわいいなって思って、すごく大好きな連載なので1冊の本になってすごく嬉しいです。

須田:最近は、SKE48は13周年を迎えさせていただきまして、その前は夏頃、9月に本当はガイシホールでの大きなコンサートを予定していたんですけれども、やっぱりコロナ禍でリスクなども考え、そのコンサートは中止とさせていただいたりだとか、うまくいかないこともあったりもしたんですとか、ファンの方との距離感も少しずつですが、近くなることを夢見て、この距離感のある中でも楽しめる方法を模索しながら、たくさんファンの方とも気持ちの交換をさせてもらっているので、すごくアイドルをやっていて、私たち自身は手応えみたいなものは、ちゃんと前に進んでいるなっていう感覚は、持っていると思っています。

須田:私自身はもうちょっといさせていただく予定。また卒業の予定はございません。まだ、いるのかって言われてしまいそうですけど、恐縮なんですが、でも、せっかくならば、コンサートとかも声を出して、ファンの方に楽しんでもらえるような環境が整ってから、コンサートで何かみんなで楽しい時間を過ごしてから、卒業したいなって思いもありますし、握手会もできれば再開してからというのが、私としては握手会で私を知ってくださったり、好きになってくださった方もいるので、握手会で恩返ししたいなっていうのが一番の願いですね。

荒井:そうですね。もう2日後になるんですけど、私が今やらせていただいている東京女子プロレスの方で、大田区総合体育館という大きな会場で、試合をさせていただくんですけど、アジャコングさんと戦うということで、これはすごい、ずぶ濡れになるんじゃないかなって、めちゃくちゃいろんな汗をかくんじゃないかなっていう、少し不安な気持ちとワクワクな気持ちが本当に入り乱れています。でもこの間、編集の方とかとお話して、プロレスもアリなんじゃないかっていう、ずぶ濡れSKEに是非みたいな感じだったので、いつか試合の写真とかだったりもするので、ずぶ濡れSKEに載せていただけたらなと思うので、プロレスの方を頑張りたいと思います。

杉山:頭の中にYouTubeで動画を見させていただいたことがあるんですけど、すごいかっこよくて、絶対に私はできないことなので、すごい憧れるんですけど、元々何かスポーツをしてらっしゃる女の方って、すごい魅力的だなって思うことがあって、なので私もその魅力をダンスと歌で表現して、いつか荒井さんに見てもらえたらなと思います。頑張ってください。

須田:すごい方と対戦するってことで、すごい冷や汗がね、今からきっと出てると思いますね。プロレス経験は私もAKB48の豆腐プロレスというドラマの方で経験させていただいたことがありまして、プロレスの楽しさも難しさも、すごく感じているからこそ、どんな展開になっても、優希ちゃんにはちゃんと見ている人をあっと言わせて、SKEの子やるじゃんって、思ってもらえるように、SKEの未来もプロレス界の未来も、背負ってもらえたらいいなと、思っています。頑張ってください。

荒井:頑張ります

そうですね基本的には年齢を感じることなく同じ歌を歌ったり一緒にトークしたりというのはやっているんですけどそこを年齢として数を提示されるとはっとします。こんなに離れてるんだって。歩南ちゃんも一回り以上、離れてますし、今回この通常版で、表紙をやっている林美澪ちゃんは17も年が離れているので、もしかしたら、私がこのくらいの年齢の子を産んでいる人生もありえなっていうぐらいの年齢差がSKE48の中でもありえちゃっているんですけれども、これもSKE48の振り幅なんだなってに捉えると、すごくポジティブですし、私も長くやっててよかったなっていう気持ちもあるので、これはSKE48の引きとして、皆さんに楽しんでもらえたらいいなと思います。

記者:20代最後に何がやりたいですか?


須田:もうあと20日間くらいで考えなきゃいけないことですね。10月31日が誕生日なので……。何だろうな?ええやりたいこと?あーでも、できるだけあんまり、一人で誕生日を迎えたくないなっていうのが、個人的には思っていることで。なんだろう。同い年の友達とかはみんな結婚したりとか出産したりとか、新たな家族を迎え家族の中で生きている子がほとんどなんですが、私は仕事内容によっては一人で誕生日を迎えることになって、結構三十路っていう年30代になるという大台は、一人で迎えるのは心細いなと思うので、あわよくば仕事中であってほしいなと思います。30代30歳になる瞬間は、なので、仕事の方と迎えたいですね。で、30歳、最初にやりたいことは一昨日発表されたんですけど、ソロでギターライブを初めてやらせていただくことが決まっているので、それを成功させたいなと思います。ギターもこの夏から始めて、オールギターで、自分の演奏で弾き語りでライブをやらせていただく予定なので、それを成功させたいんです。

🌟最後のメッセージ🌟

須田:本日はずぶ濡れSKE48をPRさせていただく場に皆様足を運んでくださり本当にありがとうございます。SKEといえば汗や涙だったりいろんな濡れ方をして育ってきた、育ててもらったアイドルグループだと思います。そんな魅力がみんなの魅力が詰まった一冊の魅力がたくさん伝わるように、これからも頑張っていきますのでよろしくお願いします。本当に体調など気をつけなきゃいけなかったりする時期かと思いますが、みなさま健康でいてください。

ありがとうございました皆様方日経新聞taさんがモンスターストライク3井上さんでしたありがとうございますと驚きましたが。

『「桜井木穂」ファースト・トレーディングカード』発売記念イベント報告

2021年9月25日、夕方、東京都内のイベント会場でグラビアアイドルの桜井木穂さんによる『「桜井木穂」ファースト・トレーディングカード』発売記念イベントが行われた。それに先立ち、囲み取材が行われた。以下、記者とのやりとり。

 

 

---ファーストトレカ、まず出来上がった感想はいかがでしょう。


桜井:何か自分がトレカになってて不思議な気持ちです。

---今回のトレーディングカードはテーマとかそういうのはあるんでしょうか。

桜井:テーマは特に決めてないですね。だけど、割とファーストなのでビキニとかも明るいのが多くて、フレッシュな感じにはなってるかなって思います。

---とりあえずいつごろどちらで撮りましたか。

桜井:5月ぐらいに、どこだったっけます。神奈川寄りの東京で撮りました。


ソファーでお尻を向けた写真が好き


---お気に入りのカットがいくつかあると思うのですが、紹介していただけますか。

桜井:お気に入りの衣装は赤い衣装の下着があるんですけど、ソファーでお尻を向けてるやつがあって、それが結構好きです。ソファーの上です。

---お尻か自慢のパーツってことですかね。

桜井:全然自慢じゃないんですけど、、珍しくお尻のポーズに挑戦してみました。

ハイレグ衣装に初挑戦


---撮影エピソードとかあれば教えていただけますか。
桜井:衣装でハイレグ衣装を着たんです。DVDとかだと私はあんまりハイレグ着ないので、そこまでハイレグはなかったんですけど、ワンピース水着も着たんです。なにかそれがかなり新鮮だった。何だろう、海岸とかで、撮って、けっこう美脚に見えるように撮ってもらったんです。恥ずかしかったんですけど、頑張りました。

---何種類ぐらい衣装を着たんですか?

桜井:8種類ぐらい着たんですよ。それプラス同じ日に雑誌の撮影もあったので、何かすごぐ何回も着替えました。

400回くらいチューした

---トレーディングカードでいろんなね特典がありますけれども、生キスカードっていうのがありますけど、初めてやってみてどうでしたか。

桜井:400回ぐらいチューしたんですけど、何か終わった後に口が腫れました。ボーンって。

---うまくできましたか、キスが。

桜井:はい、何か緊張して、片岡沙耶さんのTwitterのなんかキスしてる動画を見て、研究して、ね、なんか綺麗になるように頑張りました。

---なるほどね。いやもう、心の師匠じゃないですけど片岡さんのおかげで、いいキスができたということですね。

桜井:はい、いいキスが出来ました。

家でゴロゴロしてチューされたい


---これで100点満点で採点してみると、はい。何点ですか。

桜井:はい。60ぐらいかな。これを撮ったのが5月とかなんです。なんかけっこう経ってるんですけど、このときは自分の中では100点満点だったんですけど、今、撮ったらもっといい点数が出せるから、次のチャンスがあったら頑張りたいです。

---桜井さんが思う素敵なキスのシチュエーションはなんですか。

桜井:何にもない日とかに普通に家でゴロゴロして、チューされるのが好きです。そういう突然がいい。夜景でとかは、そういうのはちょっとまだ早いかなと思います。

---本日のチケットは完売だそうですけども、いかがですか。

桜井:なんか全然トレカを出すのも不安で、とてもすごく高価なものなので、ファンの皆さんに出さないでって言われてたんです。大変だから、だけど、今日こうやって完売することができて、出さないでと言ってもみんな優しいなと思っています。

10月3日、東京Lilyでプール撮影会

---今日の水着のポイントをお願いします。

桜井:これは新しく買ったんですけど、イタリアのブランドのものです。いいです。高くはない。10月3日に、事務所が主催してる東京Lilyのプール撮影会があるんですけど、それに来てくれたら嬉しいです。

 

熊田曜子、産後4ヶ月の美ボディで写真集 36歳の色香あふれる名作

タレントの熊田曜子(36)が、37冊目の写真集『gm37』(双葉社)をリリースし、2月18日に福屋書店で刊行イベントを行った。

写真集リリースへの祝福の言葉に「ありがとうございます、嬉しいです!」と笑顔を浮かべ「まさか、この歳になって写真集を出せると思ってなかったので…感無量です」と喜びを噛みしめる。

今回の写真集は彼女の異名「グラビアモンスター」の頭文字「gm」に、今年37歳を迎え今回が37冊目という、2重の意味が込められた「37」を掛け合わせたもの。

今現在のありのままの姿を写すことにこだわり、あえて指輪を付けたままで撮影に挑むなどしたようだ。

今作は日帰りで行ける範囲で撮影地を選択。というのも、撮影時が第3子を生んで4ヶ月しか経っていない時期だったため、泊まりのロケはあえて避けたのだとか。

それはさておき、まず産後4ヶ月で体型を戻せたのが驚きだ。出産時に17kgも体重が増えたらしいが、完全母乳のため「食事制限もできなかった」と、いままでのようには減量できなかったという。

そのため、「赤ちゃんをあやしながらできるエクササイズ」など工夫を凝らして調整していったと苦労を語った。

忍野さら「爽やかセクシー」 声が出ずに異例の”同時通訳”

グラビアアイドル忍野さら(23)が12月24日、都内で“通訳付き”のカレンダー発表会見を開いた。この日、サンタクロース姿で登場した忍野は、来年の自身のカレンダーを手に取材陣の撮影に応じた。

囲み会見になると、虫の息のような声で「声が出ないので“通訳付き”でお願いします」と懇願ポーズ。質問を受けると、返事を「船場吉兆のささやきおかみ」のようにマネジャーの耳元でささやき、それをマネジャーが大きな声で話す形式で会見が行われた。

忍野によると、12月に入ってから2回も屋外での水着のグラビア撮影があり、かぜをひいたとのこと。「かぜは治ったんですが、声がまだ。寒いのが得意なんで、結構張り切りすぎちゃうんです。クリスマスは病院に行きます」とささやいた。

カレンダーの撮影は9月にグアムで行われた。「見どころは、爽やかでセクシーな感じ。お気に入りはグアムの夕暮れ時に空がピンクになった時に、スケスケのワンピースで撮った写真です」。飾ってほしい場所場は「トイレです。朝晩、なにもない空間で、誰にも邪魔されずに私だけを見てほしいから。変ですかね」と笑った。

スレンダーボディ・Sumireが大胆露出 「艶かしく、焦らす感じで」と大人の色気あふれる

元レースクイーンでありスレンダーボディが魅力のグラドル・Sumireが、新作DVD『barely Sumire』(Ken World)をリリース。都内で開催されたリリース記念イベントにしらべぇ取材班は突撃してきた。

■しっとり大人セクシー
本作、大人のギリギリ感や清楚な雰囲気を強調しているようで、「あんまりガツガツした露出っていうのより、じっくりじっくり艶かしく、焦らす感じで。激しい露出はしてないんですけど見どころ満載だと思います」と力強く話す。

例えば、ポールダンスのシーンは、もともとダンスを嗜んでいる彼女がセクシーに魅せているという。

■過酷のロケで絆も
ほかにも印象深いシーンを聞くと、「着衣を着ているんですけど、そこからうっすら胸が見えたり、ギリギリあそこが見えそうで見えなかったりするシーンがあったり…」と過激な発言に取材陣もドキリ。

しかし撮影は苦労もあったようで、ロケ地が山の川沿いだったため「寒かったんですよ」と当時を振り返る。

「スタッフさんとかメイクさんとかみんなで協力しあえたので、みんなで作り上げようって感じで頑張りました」と撮影チームの努力が垣間見えるシーンでもあるそう。

■乳首がうっすらと…
DVDで最も見てほしいシーンはある? と質問するとパッケージの表紙にも採用されている「ベッドのシーン」をチョイスした。

「真っ白いシーツを上から羽織ってるんですよ。それは乳首がうっすらと透けて光もかなりキレイで…そこが見てほしいですね」とのこと。確かに薄っすらと透けていて、本気で撮影に臨んでいることが窺える。

■過去最高の作品
本作を100点満点で評価してもらうと、「今までのと比べると私の中で最高の90点かなと思ってます」と歴代で最高傑作であることを明かす。

現在30歳である彼女、今後は大人の魅力を武器に「熟女路線でがんばれたらいいな」と目標を語った。

Hカップ限界露出!白石若奈さんDVD「君だけを見つめてる」発売

12月9日、グラビアアイドルの白石若奈さんの5枚目のDVD『君だけを見つめてる』(エアーコントロール)の発売記念イベントがソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館で行われた。リリースには次のようにある。

149cmの小柄なロリボディにHカップの迫力バストが魅力的な白石若奈チャンのセクシーイメージ。手ブラ、Tバックはもちろん、こぼれ落ちそうな胸に超接写で迫る。極小ビキニで艶かしく誘惑する若奈チャンから目が離せない。

 

撮影したのは6月の宮古島。沖縄離島ブームで若者が多く訪れる地だ。

「私がバイトの先輩で、バイトの後輩と宮古島に一緒に遊びに行く内容です。海岸のシーンで着たビキニがお気に入りで、予定に無かった夕日のシーンを撮ることになって、急遽着替えて撮ったことが印象に残ってます。白い透けてる衣装はセクシーで、お腹の所だけ透けていてスタイルが良く見えます。最後のシーンがセクシーで、部屋を薄暗くして、周りに見られながら撮影をしていたのでドキドキしながらの撮影でした。」

 

と説明した。

ファンへのメッセージを尋ねられると、

たくさんいるグラビアアイドルの中から、私の作品を選んで購入してくださってありがとうございます。これからも頑張っていきます。応援してください。

 

と応えた。

優月心菜さん、DVD『どなたか”ここなし”の飼い方を教えてください』発売

声優で歌手の優月心菜さんが12月9日、DVD「どなたか“ここなし”の飼い方を教えてください」(エアーコントロール)の発売イベントをソフマップで行った。リリースには

様々な分野で活躍するマルチタレント・優月心菜のコスプレ作品。彼女の魅力を最大限に引き出す7種類のコスチューム。時に可愛く、時に妖艶にと次々にキャラクターを変化させていく`ここなし’についてこれるかな! ?

 

と書かれている。

撮影したのは9月上旬。3枚目のDVDを手に「120点満点! 予想以上に良い物が撮れました」と微笑んだ。

今年一年を振り返ると、

「上半期はとっても散々な目にあいました。もう、ゴミ野郎に騙されてつらい思いをして、ネットニュースにもなりましたが、人のことは信じ過ぎないようにしようと思いました。しかし、後半からはね、かなり巻き返したので。これからはひとりの私ではなくて、みんなの『ここなし』になりたいと思ってますので、ファンのみんなずっと見ててくれや(笑)」

と語った。む

燃えたぎる美力のグラドル・あべみほさんがDVD『狂おしいほど愛して』をリリース

2月9日、グラビアアイドルのあべみほさんの3年半ぶり5枚目のDVD『狂おしいほど愛して』(サウスキャット)の発売記念イベントがソフマップAKIBA④号店 アミューズメント館で行われた。

リリースには次のように書かれている。

高いプロ意識と自己プロデュース力を備えたモデルを中心に起用するSouthCatの第三弾は、モデル時代にミスユニバースジャパン2012・ファイナリストに選ばれ、グラビアアイドルへ転身後は準日テレジェニック2013・ベスト美脚賞、ミスFLASH2015グランプリなど輝かしい経歴をもつ「あべみほ」チャン!今夏に待望の写真集を出した彼女が約3年半ぶりとなるイメージ作品への出演を決意してくれました。身長165㎝、股下85㎝という驚異のスタイルと美脚を誇る彼女が、初の組み合わせとなる中北監督のディレクションにより妖艶かつ美しい世界へと果敢に挑戦。新生・あべみほの魅力がここから放たれます。

 

撮影場所はバリ島。あべさんはDVDの内容について、

「刺激を求めて始めたアルバイト先で出会う男性の方と不倫関係に陥って、イケない関係に陥ってしまってどんどんハマって行く姿を描きました。おススメは最後のシーンで、魔女をイメージして黒い服を着ているんですけど、私の中で一番気持ちが入ったシーンです。」

と内容を紹介した。

今年を振り返っての思い出と来年の抱負について尋ねると、

 

「今年一年フリーランスになってから、写真集やDVD、カレンダーを出すことができました。応援してくれるファンがいて、支えてくれる仲間たちもいて、たくさんの人に支えてられて、やっとやっと夢を叶えられた一年でした。らいねんは思いもやらないことが出来たらなあと思います。」

と温かい笑みで語られた。

南杏奈さん、DVD「変身」を発売


12月9日、グラビアアイドルの南杏奈さんの2枚目のDVD『変身』(スパイスビジュアル)の発売記念イベントがソフマップAKIBA④号店 アミューズメント館で行われた。

 

説明文については次のように書かれている。

 

『その美貌とスタイルで話題のお嬢様系グラビアアイドル南杏奈のDVD第二弾が完成!今までのイメージを覆す大人の女に変身!夢のシチュエーション「美しすぎる隣のグラビアアイドル」に扮しファンに迫ってくれる。究極バーチャル恋愛体験を南杏奈がエスコート!隣の綺麗なお姉さんは嫌いですか?監督「チュンペイ」プロデュース第二弾作品。』

 

撮影場所は茨城県で9月に撮影された。『変身』について南さんは

 

「ストーリー仕立てになっていて、隣に住んでるグラビアアイドルがテーマです。隣に引っ越して来たグラビアアイドルが男の子と一緒に付き合う感じで、私の1枚目のDVDを一緒に見たりしてます。車の中でのシーンは彼と一緒にイチャイチャしてます。プールのシーンは、一緒に泳いだりするんですけど、水の中で撮られたりするのが難しかったです。一番見て欲しいシーンは一番最後の浴衣になる所です。ちょっとはだけてます。パンチラみたいなシーンは恥ずかしくて顔に出ちゃってます。」とアピールした。今後の予定は、南さんのTwitter(@minami_anna)を見て欲しいとのこと。

 

一年を振り返っての感想は「2枚目のDVDを出せてうれしかったです」と語り、来年の抱負は「もっと私のことを知ってもらうために色々な活動をしていきたい」とのことだった。

 

注目株の南さん。DVD『変身』は要注目だ。

鈴木咲さん、「2019年度カレンダー発売」イベント

鈴木咲さんが2019年カレンダーを発売。12月1日に都内で記念イベントを開催した。

アイドル、グラビアモデル、バラエティーなどで活動してきた鈴木だが、カレンダーを発売するのは15年の芸能生活で初。「初めてなので何をしていいか分からなかったんですけど、こんな仕上がりになりました」とカレンダーを披露した。

“Aカップグラドル”の鈴木さんだが、表紙に起用された下着の写真には谷間が。「相当寄せていますよ。頑張ればこれくらいになることが判明しました」と報道陣を笑わせた。

この写真に周囲からの反響もあったようで「見えを張った写真を(表紙に)持ってきたせいで『どうしたの?』『入れたの?』って言われたんですけど、中身を見れば全くないので」と、胸が小さいことを自ら強調。

また、カレンダーで着用した衣装について「写真集などで自前の衣装を持ってくることが多いんですけど、今回も衣装は自分で用意して、ここに登場している衣装、下着は普段着用しているものです。なので、普段の私が見られると思いますし、こういう下着を着ているんだなって想像してもらえれば(笑)」とPRした。

伊川愛梨が4枚目の「アイリッシュ」DVDリリース

 グラビア界ナンバーワンとも言われている、98cm・Jカップの伊川愛梨さんが、4th DVD「アイリッシュ」(発売元:KHプロモーション、販売元:スパイスビジュアル、収録時間:90分、価格:4104円)の発売記念イベントを12月9日、ソフマップAKIBA 4号店 アミューズメント館で開催した。リリースは次のようにアル。

「美少女伝説にまたもや新たな精鋭、奇跡のJカップアイドル【工藤唯】ちゃんが登場!!端整で可愛らしい顔立ちと清楚感溢れる声、おっとりふわふわな癒し系のゆいちゃんが走ってみたり、飛び跳ねてみたり、ダンスしてみたり!!弾けるようなフレッシュさが眩しい!! Jカップのバストは、至福の宝物! 人生で1度もキスをしたことがないという恥ずかしがり屋さんなゆいちゃんが初めてのキスをします!普段は見られないような”初めて”の体験がギュッと詰まった作品!!真実の清純な女の子です。あの頃、憧れたあの子が、あなただけのために見せる姿に是非感動してください!」

 

――どんなシーンが楽しめますか?

伊川愛梨 エスティシャンになってマッサージしてたら……自分がされちゃう側になったり、学校の先生風にプールの前で準備体操するシーンなどが観られます。

――お気に入りは?

伊川愛梨 白いブラウスと黄色いスカートを組み合わせた、メイドっぽい格好です。部屋を掃除したり、胸やお尻を揺らしながら踊ったりしています。

――色っぽく撮れたのは?

伊川愛梨 キャビンアテンダントのシーンです。ジャケットにもなっていますが、制服を脱いだときに見せる水着が「透けているのかな?」と思うほどすごいんです。露出しすぎかも!?

――2018年は、どんな年になりましたか?

伊川愛梨 大学が忙しくて両立が大変でしたが、グラビアの仕事がたくさんできた1年でした。一瞬でもいいから、Amazonランキングで1位を獲りたいと思います。

――来年はどんな年にしたいですか?


伊川愛梨 来年はもっと活躍したい。そしてAmazonのランキングで一位をとりたい。二位は最高でとったことがあるんですけど、一位はなくて一瞬でいいからとりたいです。

―――おっぱいが大きくて、得したこと損したことはありますか。

伊川愛梨 

得したことはこのお仕事が出来ただけで、損したことばかりですけど、下着のお店が限られている。専門店じゃないとうっていないし、大きいサイズだから高価なんですよ。私服もおっぱいを考えて着ないと、目立ちすぎて、外を出歩けないです。男女問わずおっぱいを見ているなと視線を感じることはあります。

今回もいろいろコスプレを着てみて、さまざまなシチュエーションを撮りました。慣れてきて、前よりは言い作品になっていと思うので、見てください。

 

元HKT多田愛佳、文春砲を浴びるなら「好きな人と撮られたい」

 元HKT48のメンバー、多田愛佳さんが11月18日、来年カレンダーの発売イベントを東京都内で行った。今回は水着ショットはなく、「かわいらしさがテーマ。水着なしでどこまで売れるかチャレンジです」と笑顔。昨年4月の卒業で恋愛解禁になったが、恋人はおらず、「好きじゃない人と文春砲を浴びるのはいや。好きな人と撮られたい」と切望した。

外岡えりかさん、菊地亜美さんの結婚に「私は予定はありませんが、優しい人が好き」


 2015年まで活動したアイドルグループ『アイドリング!!!』の創設メンバーで女優外岡えりかが11月25日、来年カレンダーの発売イベントを東京都内で開催した。『アイドリング!!!』時代の同僚でタレント、菊地亜美さんが今年2月に一般男性と結婚したが、「私は今のところ予定はありませんが、優しい人が好き。一緒に笑って楽しく過ごせる人がいいな」と語った。

桃月なしこさん、カレンダー発売イベント「お気に入りはチャイナ服」

 現役看護師でグラビアアイドル、桃月なしこさんが25日、東京都内で行われた来年カレンダーの発売イベントに出席し、「この大きいカレンダーがみなさまのお家に飾られると思うとちょっと恥ずかしい」と語った。5、6月のチャイナ服ショットがお気に入りで、「痩せて、くびれができてきたので」と宣伝した。

ピックアップ記事

YCACのハロウィンフェスタ2021
本誌特別取材班エンタメ

アイドルユニット『天晴れ!原宿』が早稲田祭でライヴ
本誌特別取材班アイドル

総合ランキング

週間ランキング

月間ランキング