東京タイムズ

英語版

本誌特別取材班 2018年11月2日

西島秀俊さんが東京国際映画祭にて映画『人魚の眠る家』で挨拶

※画像真ん中にマウスを置くとボタンが表示されます。


第31回東京国際映画祭のGALAスクリーニング作品『人魚の眠る家』のレッドカーペットセレモニーが10月29日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、メガホンをとった堤幸彦監督が出席した。

会社を経営する夫・和昌を演じた西島さんは、クライマックスシーンについて「最初の段取りの時点で、篠原さんは号泣されていたんです。相当長い時間撮影することになっていたので「(芝居が)続くのかな…」と思っていました」と告白。しかし、篠原を含めたキャスト陣の集中力は相当なもので、「子役の子たちはカットがかかっても泣きっぱなし。皆、のめり込んでいた。異様にのめり込んだ現場になっていました」と話すと、その意見に同調した坂口は「カットがかかるとリラックスする瞬間はあるんです。でも、本番が始まると、篠原さんはすぐに薫子さんになっていらっしゃいました」と補足した。

関連画像

関連記事

グラドル天木じゅんサン、カレンダー2019を発売
アイドル
本誌特別取材班

みちばた興業が路上ライヴ
写真名鑑
本誌特別取材班

総合ランキング

週間ランキング

月間ランキング